手賀城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
手賀城
千葉県
城郭構造 不明
天守構造 なし
築城主 不明
築城年 不明
主な城主 原氏
廃城年 不明
遺構 土居、郭
指定文化財 なし

手賀城(てがじょう)は、下総国(現在の千葉県柏市手賀字城内)にあった日本の城[1]

歴史[編集]

『東葛飾郡誌』によると、千葉氏の一族と考えられている原氏が城主であった。松下邦夫は同書掲載の系図から相馬郡手賀を最初に千葉勝胤から貰い受けたのは原胤貞[注 1]、その後胤親久胤とわたったと述べている。松下はさらに、松戸市大谷口に伝わった八木原文書によれば、手賀の原氏が、安房の里見氏天文末に佐倉の千葉氏を包囲した際や永禄9年(1566年)の上杉謙信臼井攻めの際にどちらも手兵300騎をもって駆けつけたとあることから、胤貞の頃から原氏が手賀城を本拠にしていたことは間違いないだろう、とも述べている[2]。しかし手賀城は、築城年や廃城年など不詳な点が依然として多い。

構造[編集]

北には手賀沼沿いの低湿地が広がり、東と西は小谷津、南はこの谷津が接近して鞍部となっている。遺構は東西と南北にそれぞれ約200メートル確認され、南以外は急崖が取り入れられている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 原胤定の説あり

参考文献[編集]

  • 『千葉県我孫子市中峠城跡調査報告書』我孫子市中峠中世城跡発掘調査団、中峠城跡調査団、1974年。

関連項目[編集]