所沢市内循環バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:2019年現在運用中の車両の画像提供をお願いします。2019年9月
ところバス
所沢市内循環バス「ところバス」(航空公園駅前にて撮影)
所沢市内循環バス「ところバス」(航空公園駅前にて撮影)
基本情報
日本の旗 日本
所在地 埼玉県所沢市
運行範囲 航空公園駅周辺
種類 コミュニティバス
開業 1998年
運営者 運営主体:所沢市
運行受託:西武バス所沢営業所
詳細情報
路線数 6
テンプレートを表示

所沢市内循環バス(ところざわしないじゅんかんバス)は、所沢市が運行するコミュニティバスである。愛称は「ところバス」。西武バス所沢営業所が全路線の運行を受託している。

概要[編集]

所沢市内には多数の幹線道路市道などの生活道路が存在する。各方面から往来する一般自動車による道路渋滞により一般路線バスの定時運行が難しくなり、路線バスの廃止や短縮などが余儀なくされていた。こうして路線バスが廃止された道路沿いの住民からのバス復活要望や、一般路線バスが運行できない狭隘道路などの「交通空白地域」からも何らかの形でバスを走らせてほしいとの陳情が市役所に多く寄せられていた。そこで市で検討し、市役所はじめ主要官公庁の集まる西武新宿線航空公園駅を起点に1998年、2路線が開業したのが始まりである。その後、路線の追加・統合を経て、現在の運行形態となる。

2018年10月からは初の市外(県外)乗り入れとして、所沢市と東村山市が協定を結び、南路線(吾妻循環コース)で東京都東村山市西武遊園地駅へ乗り入れの実証運行を開始した[1][2]。その後、実証運行の結果が振るわなかったことから、2020年3月をもって東村山市域への乗り入れを廃止し、同年4月1日より西武園駅から遊園地西駅へ直行する東村山市域乗り入れ前のルートに戻ることが発表された[1][3]

運行内容[編集]

年末年始(12月29日1月3日)は運休となる。

運賃は、地域を走る西武バスの一般路線バスに準じており、中乗り後払い式。

  • 一部区間を除き、初乗り100円。上限額260円。小児半額。6歳未満は同伴者1人につき2人まで無料。
  • 2008年平成20年)4月から、毎月22日は100円均一運賃(小児50円)で乗車できる。
  • 運賃支払いは現金、西武バスの一般回数券PASMOSuica・交通系ICカードが利用可。各種乗車証制度あり。

航空公園駅発着ダイヤのうち、日中に食事休憩や中休が組まれている場合、運用車両は所20-1:所沢駅西口 - 並木通り団地線沿線にある「北御幸町」バス停そばの専用待機場に入る。夜間は西武バス所沢営業所に入庫する。

路線[編集]

現行路線[編集]

※主なバス停名を記載。

東路線(柳瀬循環コース)

航空公園駅 - パークタウン所沢警察署 前- 秩父学園入口 - 道傍公園 - 所沢ニュータウン - 中富角 - エステシティ所沢 - 柳瀬民俗資料館 - やなせ荘入口 - 柳瀬公民館入口 - 東所沢駅 - 東部クリーンセンター - 秩父学園入口 - パークタウン所沢警察署 - 航空公園駅

東路線(松井循環コース)

航空公園駅 - パークタウン所沢警察署前 - 秩父学園入口 - こぶし町中央 - 鶴亀園南 - 東所沢駅 - 和田南会館 - 松戸橋 - 西武秋津団地 - 保健センター - 市民医療センター - 航空公園南 - 航空公園駅

西路線(新所沢・三ヶ島コース)

航空公園駅 - 防衛医大病院前 - リハビリテーションセンター - 子どもと福祉の未来館 - 泉町 - 新所沢駅西口 - 新所沢コミュニティセンター - 小手指駅北口 - 吉祥院前 - 狭山ヶ丘駅東口 - JA三ヶ島支店北 - 三ヶ島公民館 - 芸術総合高校 - 狭山湖口 - 西埼玉中央病院 - 狭山ヶ丘駅西口

南路線(吾妻循環コース)

保健センター - 所沢駅西口 - 吾妻 - JA吾妻支店前 - 吾妻まちづくりセンター - 競輪場入口 - 西武園駅 - 遊園地西駅 - 山口城跡 - 下山口駅入口 - 小手指南 - 上新井 - 西所沢駅入口 - 金山町五丁目 - 中央公民館 - 保健センター

南路線(山口循環コース)

航空公園駅 - 防衛医大病院前 - リハビリテーションセンター - ところ荘入口 - 中央公民館 - 金山町五丁目 - 西所沢駅入口 - 上新井 - 小手指南 - 下山口駅入口 - 山口城跡 - 高橋 - 上山口 - 椿峰ニュータウン - 瑞岩寺前- 春の台公園 - 吾妻まちづくりセンター - JA吾妻支店前 - 吾妻 - 所沢駅西口 - 保健センター - 市民医療センター - 航空公園南 - 航空公園駅

北路線(富岡循環コース)

航空公園駅 - 防衛医大病院前 - リハビリテーションセンター - 子どもと福祉の未来館 - 新所沢駅西口 - 向陽町 - 北岩岡 - 富岡公民館 - ネオポリス中央 - JA富岡支店前 - 下富公民館 - 所沢リハビリテーション病院 - 所沢ニュータウン - 並木通り団地 - 新所沢駅東口 - リハビリテーションセンター - 防衛医大病院前 - 航空公園駅

沿革[編集]

  • 1998年
    • 5月1日:東路線(現在の「東路線 航空公園駅循環コース」)、西路線が運行開始。
  • 1999年
    • 4月1日:南路線(現在の「南路線 航空公園駅循環コース」)、北路線が運行開始。おおむね1km程度以内の初乗り運賃を100円に値下げ。
  • 2004年
    • 11月1日:路線再編を行う。
      • 従来の東路線の一部経路を変更し、「東路線 航空公園駅循環コース」とする。
      • 従来の西路線の一部経路を変更する。
      • 従来の南路線の一部経路を変更し、「南路線 航空公園駅循環コース」とする。
      • 従来の北路線の一部経路を変更する。
      • 「南路線 所沢駅循環コース」が運行開始。
      • 「東路線 東所沢駅循環コース」が運行開始。
  • 2009年9月28日:ルート及び運行ダイヤ改正。
  • 2013年10月1日:ルート及び運行ダイヤ改正。西路線2路線を統合、柳瀬循環コースで一部ルート変更。
  • 2017年1月4日:西ルートのルート及び運行ダイヤ改正、「子どもと福祉の未来館」への乗り入れ開始。
  •  2018年
    • 10月1日
      • 全路線のダイヤ改正。吾妻循環、柳瀬循環、富岡循環でルート変更。
      •  吾妻循環の一部区間での東京都東村山市への乗り入れ実証運行を開始[1]
  • 2020年
    • 3月31日:東村山市への乗り入れ実証運行が不調に終わったことから、調整期間を経てこの日をもって乗り入れ終了[1]

車両[編集]

小型車に混じって運用に入る中型車
2021年現在使用されている日野・ポンチョ

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「ところバス」乗り入れの実証運行 東京都東村山市公式サイト、2018年8月31日更新。2018年10月3日閲覧。
  2. ^ 所沢市内循環バス「ところバス」東村山市域への乗り入れに関する協定を締結 所沢市(2018年7月25日)2018年7月31日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ 令和2年4月1日から南路線(吾妻循環コース)の運行コースが変わります 所沢市(2020年2月4日)2020年2月16日閲覧。[リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]