房陵公主

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

房陵公主(ぼうりょうこうしゅ、619年 - 673年閏5月3日)は、中国の高祖李淵の六女。

621年11月、永嘉公主に封ぜられ、竇奉節に降嫁した。654年、房陵大長公主に改封され、賀蘭僧伽に降嫁した。673年、九成宮の山邸で亡くなった。その年の10月に献陵に陪葬された。

伝記資料[編集]

  • 新唐書』巻83 列伝第8「諸帝公主伝」
  • 大唐故房陵大長公主墓誌銘并序