房峰輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
房 峰輝
FangFenghui.jpg
生誕 1951年4月??
中華人民共和国の旗 中国陝西省咸陽市彬県
所属組織 中国人民解放軍陸軍
軍歴 1968年 -
最終階級 上将
テンプレートを表示
房峰輝
各種表記
繁体字 房峰輝
簡体字 房峰辉
拼音 Fáng Fēnghuī
和名表記: ぼう ほうき
テンプレートを表示

房 峰輝(ぼう ほうき、1951年4月 - )は中華人民共和国の軍人。中国共産党中央委員会委員、党中央軍事委員会委員、中国人民解放軍総参謀長国家中央軍事委員会委員。階級は上将。

経歴[編集]

1951年4月、陝西省咸陽市彬県に生まれる。1968年2月、人民解放軍に入隊。1975年12月に中国共産党に入党。1998年、少将に昇格。2005年7月、中将に昇格。

2007年7月、北京軍区司令員に若い年齢で任じられた。当時の七大軍区司令員のなかで最年少であった。北京軍区司令員に任じられるのに連動した形で、同10月21日には第17回党大会において党中央委員に選出された[1]

2009年の中国共産党政権創立60周年式典には国人民代表大会代表として大閲兵の総指揮を務めた[2][3]。次世代のキーマンであるとの分析[4]が一部に出ている。2010年7月19日、上将に昇格[5]

2012年10月、中国人民解放軍総参謀長に任命[6]。同年11月、第18回党大会において、党中央委員に再選するとともに、党中央軍事委員会委員に選出[7]。翌2013年3月15日、第12期全国人民代表大会第1回会議において中華人民共和国中央軍事委員会委員に選出された[8]

2017年8月30日、規律違反の疑いにより拘束された[9]のち、2018年1月に軍事検察機関に身柄を送致された[10]

脚注[編集]

外部リンク[編集]


People's Liberation Army Flag of the People's Republic of China.svg 中国人民解放軍
先代:
総参謀部より改組
中央軍委連合参謀部参謀長
2016年 - 2017年
次代:
李作成
先代:
陳炳徳
総参謀長
2012年 - 2016年
次代:
連合参謀部に改組
先代:
朱啓
北京軍区司令員
2007年 - 2012年
次代:
張仕波