戸田氏英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
戸田氏英像

戸田 氏英(とだ うじひで、享保14年12月11日1730年1月29日) - 明和5年4月23日1768年6月7日))は、美濃大垣藩の第6代藩主。大垣藩戸田家7代。

第5代藩主・戸田氏長の次男。母は氏長の側室・中村氏。正室は堀田正亮の娘。子に娘(大河内松平輝行正室)、娘(戸田氏教正室)、娘(板倉勝政正室)。官位は従五位下、采女正。

享保14年(1729年)12月11日生まれ。幼名は徳次郎。享保20年(1735年)、父の死去により、7歳で家督を継いだ。氏英は戸田氏の家臣団整理(延享の永御暇)などを行なっている。宝暦4年(1754年)には奏者番となっている。

明和5年(1768年)4月23日に大垣にて死去した。享年40。墓所は岐阜県大垣市西外側町の円通寺。跡を婿養子の氏教が継いだ。

戸田氏英が登場する小説[編集]