戸田帯刀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
戸田 帯刀
カトリック札幌使徒座代理・横浜教区長
聖職
司祭叙階 1927年12月17日
個人情報
出生 1898年3月23日
日本の旗 日本山梨県東山梨郡西保村
死去 1945年8月18日
日本の旗 日本神奈川県横浜市
テンプレートを表示

戸田 帯刀(とだ たてわき、1898年3月23日 - 1945年8月18日)は、日本のカトリック聖職者。洗礼名はラウレンチオ。カトリック札幌使徒座代理および横浜教区長を務め、終戦直後の8月18日に射殺された。

生涯[編集]

1898年(明治31年)3月23日、山梨県東山梨郡西保村に生まれる。1923年大正12年)11月にローマ・ウルバノ大学へ留学し、1927年昭和2年)12月17日司祭に叙階された[1]

1940年(昭和15年)10月11日に札幌使徒座代理に任命され、太平洋戦争中の1942年(昭和17年)3月、「米英を相手に戦争したらどうなるか分からない」と同僚神父に話したとして旧陸軍刑法違反で逮捕された[2]。4回の公判の後、無罪となり釈放された[3]

釈放された後の1944年(昭和19年)10月に横浜に移り、1943年(昭和18年)香港沖で殉死した井出口三代市を継いで横浜教区長となった[注釈 1]1945年(昭和20年)4月にはバチカンのローマ教皇ピウス12世に対し、太平洋戦争の平和的解決についてメッセージを送っていた[4]、とされる。ただし、それはアメリカ戦略事務局(Office of Strategic Services)の情報源のスパイ・ベッセル(コードネーム)の報告書によるものだが、ベッセルの報告内容には偽情報の多い時期があり、この件においても戸田を「皇族の一員」とする誤りがあるため、信憑性のある内容かどうかは分からない[3]

終戦当時、山手教会海軍に接収されていたが、教会を海軍に引き渡す時に「残念ながら、この戦争は日本の負けです。8月15日には終戦になるでしょう。それは、宣戦布告が12月8日、マリア様の無原罪の御宿りの祝日だったから、8月15日、マリア様の被昇天の祝日に終結するのがふさわしいからです」と語っていた[5]

終戦日の翌日である8月16日に山手教会に行き、海軍に山手教会を早く返還するよう要請している[6]。その2日後の18日午後、保土ヶ谷教会で射殺体となって発見された[7]。教会内の建物を借りていた保健所の人は、その日に憲兵が1人見えたと証言している[8]

亡骸は解剖の後、内野作蔵[注釈 2]浦和教区長によって8月22日に葬儀が営まれたが、戦後の混乱のために会葬者はわずか十数名であった[9]。事件から約10年後、吉祥寺教会に「わたしは戸田教区長を射殺した者です。今は心から罪を悔いています。どうしたらよいでしょうか」と訴える者が現れた[10]が、警察に通報されることもなく姿を消した[3]。当時、横浜地区にいた憲兵の一人だとされるが詳細は不明[3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 10月9日任命、同月18日着座式『横浜教区設立50周年記念誌』74頁
  2. ^ 内野作蔵神父 1876年(明治9年)8月22日静岡県安部郡服機村谷津にて誕生。禅寺の寺子屋で読み書きを習う。村役場に勤務し、20歳で助役就任。間もなく上京。30歳の頃八王子教会においてメイラン神父と出会い、カトリック信仰を知る。出版事業に従事し、八王子、松本、上田等で働く。1年後洗礼を受けてパウロと名付けられる。このとき司祭志願を打ち明ける。さらに1年間教会の雑務に専念。築地の神学校に入学。ラテン語、フランス語、哲学、神学を学び、1921年(大正10年)6月29日司祭叙階。1923年(大正12年)前橋教会に主任司祭に就任。1937年(昭和12年)世田谷の無線学校近くに学生寮「双線寮」設立。1940年(昭和15年)初代浦和教区長ルブラン神父の後を継ぎ教区長就任。戦時中は中央出版社社長として出版布教に努める。1957年(昭和32年)退任までの17年間浦和教区へフランシスコ会、パリ外国宣教会、イエズス・マリアの聖心会、マリアの宣教者フランシスコ修道女会、ベタニア邦人姉妹会、お告げの聖フランシスコ会、トラピスト修道女会などを迎える。1960年(昭和35年)1月16日脳溢血により小金井の桜町病院にて死去。『人物による日本カトリック教会史』池田敏雄著、中央出版社、1968年、295-299頁

出典[編集]

  1. ^ 『教会秘話 太平洋戦争をめぐって』181頁
  2. ^ 戸田帯刀神父:戦争と信仰問い直す 戦後暗殺、札幌で神父の足跡考える集会 毎日新聞 2013年1月27日 北海道朝刊
  3. ^ a b c d ストーリー:封印された神父殺害事件 神父銃殺の闇 毎日新聞 2015年10月11日 東京朝刊
  4. ^ Memoranda for the President: Japanese Feelers APPROVED FOR RELEASE CIA HISTORICAL REVIEW PROGRAM 22 SEPT 93
  5. ^ 『教会秘話 太平洋戦争をめぐって』179-180頁
  6. ^ 『教会秘話 太平洋戦争をめぐって』178頁
  7. ^ 『教会秘話 太平洋戦争をめぐって』176頁
  8. ^ 『教会秘話 太平洋戦争をめぐって』177頁
  9. ^ 『教会秘話 太平洋戦争をめぐって』178-179頁
  10. ^ 『教会秘話 太平洋戦争をめぐって』179頁

参考文献[編集]