戸江真奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
戸江 真奈
Mana Toe
久光スプリングス  No.18
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1994-05-18) 1994年5月18日(28歳)[1]
出身地 日本の旗
ラテン文字 Mana Toe
身長 163cm[1]
体重 60kg[1]
血液型 O型[2]
選手情報
所属 久光スプリングス
愛称 マナ[1]
ポジション L[2]
指高 214cm[1]
利き手[3]
スパイク 278cm[1]
テンプレートを表示

戸江 真奈(とえ まな、女性、1994年5月18日 - )は日本バレーボール選手である[1]V.LEAGUE DIVISION1の久光スプリングスに所属している[2]

来歴[編集]

福岡県福岡市出身[1]。実姉の影響で小学1年次よりバレーボールを始めた[3]

高校は全国最強豪校である東九州龍谷高等学校に進む。ポジションはウィングスパイカーセッターリベロと複数のポジションをこなす[4]。2011年のインターハイ優勝、翌2012年1月の春高バレーでも優勝に貢献し自らもベストリベロ賞を受賞した[5]。2012年度にはチーム主将を務めた[6]

2013年1月、V・プレミアリーグの久光製薬スプリングス(現・久光スプリングス)は戸江の入団内定を発表した[4]。2014年2月8日の対NEC戦にリリーフサーバーとして途中出場してプレミアデビューを果たした[7]

2015/16シーズンからは筒井さやかが海外移籍したこともあり、座安琴希とのリベロ二人体制となり大幅に出場機会を伸ばした。

2017年5月に開催されたAVCアジアクラブ選手権では、チーム準優勝に貢献し自らもベストリベロに耀いた[8]

2018年3月、全日本候補に初選出された[9]

2020年、2020-21シーズンより久光のキャプテンに就任し2シーズン務めた[10][11]

2020年11月4日、兵庫県姫路市の「ヴィクトリーナ・ウインク体育館」で初めて開催される「2020-21 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN」レギュラーシーズンのホームゲームを前に、久光スプリングスから戸江が、ヴィクトリーナ姫路からはキャプテンの貞包里穂アリョーナ・マルティニュークが代表選手として姫路市役所を訪問した[12]

久光スプリングスは、ベテランと若手が融合した個性豊かなチームです。このほど、チームに合流したアキンラディオ選手は世界的に有名な選手ですが、とても豊かな人間性をもった素晴らしい選手です。明日の試合では、ヴィクトリーナ姫路のホームの勢いに負けないように、チーム一丸となって頑張ります。 — 戸江真奈「V1リーグ女子のホームゲームを前に、出場チーム代表者が姫路市長を表敬訪問しました|ヴィクトリーナ姫路」より

2021-22シーズン、皇后杯優勝と2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN(V1)の3シーズンぶりの優勝に貢献し、V1では自身もレシーブ賞を受賞した[13][14]

球歴[編集]

  • 全日本代表 2018年

所属チーム[編集]

受賞歴[編集]

個人成績[編集]

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[15]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2013/14 久光製薬 8 6 0 0 0.0% % 0 0.00 9 0 % 11.1% 8 37.5% 0
2014/15 21 32 0 0 0.0% % 0 0.00 46 0 % 6.5% 17 47.1% 0
2015/16 21 84 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 % 0.0% 148 60.8% 0
2016/17 21 45 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 % 0.0% 5 80.0% 0
2017/18 21 73 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 % 0.0% 89 56.2% 0
2018/19 20 70 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 % 0.0% 294 64.8% 0 交流戦含む
2019/20 21 77 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 % 0.0% 471 64.6% 0 交流戦含む
2020/21 % % % % %

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 選手詳細”. Vリーグ機構. 2017年3月16日閲覧。
  2. ^ a b c オフィシャルデータ”. 久光製薬スプリングス. 2017年3月16日閲覧。
  3. ^ a b c d 「月刊バレーボール」2016年12月号臨時増刊「バレーボール Vリーグ観戦ガイドブック」 65ページ
  4. ^ a b 新人選手入団内定のお知らせ”. 久光製薬スプリングス. 2017年3月16日閲覧。
  5. ^ 第64回全日本バレーボール高等学校選手権大会 受賞一覧”. 日本バレーボール協会. 2017年3月17日閲覧。
  6. ^ 東九州龍谷高校女子バレー部 激励訪問”. 中津城公式ホームページ. 2017年3月17日閲覧。
  7. ^ 試合結果速報”. Vリーグ機構. 2017年3月16日閲覧。
  8. ^ 2017アジアクラブ女子選手権大会 久光製薬スプリングスは準優勝”. 日本バレーボール協会. 2017年6月8日閲覧。
  9. ^ 2018年度全日本女子チーム 選手・監督・スタッフ”. 日本バレーボール協会 (2018年3月19日). 2018年3月20日閲覧。
  10. ^ 2020-21シーズン-キャプテン・副キャプテン就任のお知らせ/”. 久光スプリングス (2020年7月8日). 2021年10月4日閲覧。
  11. ^ 2021/22シーズン新体制のお知らせ”. 久光スプリングス (2021年6月30日). 2022年6月7日閲覧。
  12. ^ V1リーグ女子のホームゲームを前に、出場チーム代表者が姫路市長を表敬訪問しました”. ヴィクトリーナ姫路 (2020年11月4日). 2021年5月24日閲覧。
  13. ^ ★優勝 3季ぶり8度目★ 2021-22 V.LEAGUE DIVISION 1 WOMEN”. 久光スプリングス (2022年4月15日). 2022年4月16日閲覧。
  14. ^ 2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN 最終順位および個人賞の決定について”. Vリーグ機構 (2022年4月15日). 2022年4月16日閲覧。
  15. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2018年8月14日閲覧。

外部リンク[編集]