戸次通孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
戸次通孝
時代 江戸時代後期
生誕 元文4年(1739年
死没 安永9年(1780年
改名 為之丞(幼名)→通孝
別名 猿五郎(通称)、梅庵、梅蕊軒(号)
主君 立花鑑通
筑後国柳河藩
氏族 立花氏戸次氏
父母 父:立花貞俶、母:すえ(長養院、笠間浅右衛門の娘)
兄弟 立花貞則立花鑑通立花致博立花致真通孝山名義徳矢島通経立花通堅立花茂矩室、毛利重就正室、小野隆局室、伝姫蜂須賀重喜正室)、細川興晴正室
立花通栄吉田兼儔、吉、立花親傳、馬之助(夭折)
テンプレートを表示

戸次 通孝(べっき なおのり)は江戸時代後期の武士柳河藩立花貞俶の5男で柳川藩家老家の一つである立花織衛家の祖とされる。なお、本人の代では盲人故に家臣にならず藩主家一族に留まる。

生涯[編集]

元文4年(1739年)に柳河にて出生。立花致博の同母弟にあたる。幼少の頃に病気により視力を失う。この為に終生無役であり、家臣ではなく柳河藩主家一族として扱われた。宝暦6年(1756年)に異母兄で藩主の立花鑑通より偏諱の「通」の字と梅庵の通称を与えられ、苗字を戸次、名を通孝と称するようになる。「戸次」は元々立花道雪の実家の名称でもある(また、柳河藩士に戸次を苗字とする人物(親族の戸次鑑貞など)が見られるのでこの家系を継いだとも考えられる)。宝暦9年(1759年)に竹門南に宅地を賜り、御厄介料200石、銀100枚を拝領される。宝暦11年(1761年)に通称を梅蕊軒(ばいずいけん)と改名。また、年代不詳であるが、三潴郡七ツ家村と山門郡六十町に所領を拝領されている。

安永8年(1779年)に願いにより豊後橋東に移転し、翌年死去、享年42。

参考文献[編集]

  • 『柳川古文書館史料目録 第18集 立花織衛家文書目録』(2008年九州歴史資料館柳川古文書館)
  • 『柳川市史別冊 図説立花家記』(2010年、柳川市、柳川市史編集委員会編集)