戸川安利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

戸川 安利(とがわ やすとし、元和2年(1616年)-寛文4年5月3日1664年5月28日)は、江戸時代幕臣旗本寄合)・書院番東海寺修補奉行。通称は、平九郎のち主膳、平右衛門など。

庭瀬藩主・戸川達安の四男として生まれる。子に戸川安廣戸川安村

寛永5年(1628年)2月、父の跡を継いだ兄・戸川正安によって帯江岡山県倉敷市)に3300石を分知され旗本となる。領内の仕置は安利が少年のため、庭瀬藩から遣わされた岸常右衛門(のちの江戸家老)たちを中心にして行わせた。

承応元年(1652年)収入の増備のため二日市村の九郎右衛門に新田開発(亀山新田)をさせる。

寛文4年(1664年)5月3日没。跡目は子の戸川安廣が継いだ。


先代:
戸川達安
帯江戸川家当主
初代:1628 - 1664
次代:
戸川安廣