戸塚慶文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
戸塚慶文
生誕 日本の旗 日本埼玉県[1]
職業 漫画家
活動期間 2014年 -
ジャンル 少年漫画
代表作アンデッドアンラック
テンプレートを表示

戸塚 慶文(とづか よしふみ、1989年8月5日[2] - )は、日本漫画家

2013年集英社の第78回JUMPトレジャー新人漫画賞準入選を受賞[1]。『週刊少年ジャンプ2020年8号より『アンデッドアンラック』を連載中[3]

来歴[編集]

2013年、24歳のときに『宇宙観光シーアーク』で第78回トレジャー新人漫画賞準入選を受賞[1](審査員:古舘春一)。『週刊少年ジャンプ』2019年9号に読切『アンデッド+アンラック』が掲載、2020年8号より『アンデッドアンラック』のタイトルで連載している。

幼い頃から『ジャンプ』を愛読し、高校時代から編集部に持ち込みをしていた。受賞後はなかなか殻を破れず悩んだ時期もあるが、30歳を過ぎてから『アンデッドアンラック』で初の連載を勝ち取る。同作品は出し惜しみ一切なしのスタートダッシュで読者の話題を集めた[4]

『ダ・ヴィンチ』誌のインタビューによれば、長年の読者だった経験を活かして『ジャンプ』における生存戦略を計算し、ほかの作品に埋もれないようにスピード感を高めて各話の密度を上げていったという。また、「つらい境遇の人も、みんな肯定したいという思いでこの作品を描いています」とコメントしている[4]

人物[編集]

趣味・特技は遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム[2]格ゲー[5]ストリートファイターVでは是空を使っている[6]。好きな漫画は『HUNTER×HUNTER[7]

好きなガンダム作品ベスト3にSDガンダム逆襲のシャアF91を挙げている[8]。連載を開始してから半年ほど経過した頃にずっと欲しかったSDガンダムのDVDBOXを購入し、作業中ずっと流している[9]

作品リスト[編集]

読切[編集]

  • 宇宙観光シーアーク』(2013年、第78回JUMPトレジャー新人漫画賞準入選。ジャンプNEXT!! 2014 vol.2掲載)
  • 超重課金バンガード』(2015年、ジャンプNEXT!! 2015 vol.6掲載)
  • アンデッド+アンラック』(2019年、週刊少年ジャンプ2019年9号掲載)

連載[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 2013年トレジャー新人漫画賞結果”. 集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト. 2020年1月20日閲覧。
  2. ^ a b 『ジャンプNEXT!!』2014 vol.2 p.588
  3. ^ 『アンデッドアンラック』”. 集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト. 2020年1月20日閲覧。
  4. ^ a b ダ・ヴィンチニュース 『アンデッドアンラック』戸塚慶文「つらい境遇の人も、みんな肯定したいという思いで描いています」【インタビュー】”. 2020年9月9日閲覧。
  5. ^ 『週刊少年ジャンプ』2019年9号 p.244
  6. ^ 『週刊少年ジャンプ』2020年36・37合併号 p.520
  7. ^ 週刊少年ジャンプ2019年9号読切掲載時の『ご挨拶』より”. マンバ. 2020年1月20日閲覧。
  8. ^ 『週刊少年ジャンプ』2020年26号 p.438
  9. ^ 「週刊少年ジャンプ」2020年38号 p.480

外部リンク[編集]