戸倉峠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
戸倉峠
標高 891 m
所在地 兵庫県宍粟市鳥取県八頭郡若桜町
位置 北緯35度17分43秒 東経134度30分36秒 / 北緯35.29528度 東経134.51000度 / 35.29528; 134.51000座標: 北緯35度17分43秒 東経134度30分36秒 / 北緯35.29528度 東経134.51000度 / 35.29528; 134.51000
山系 中国山地
通過する交通路 Japanese National Route Sign 0029.svg国道29号(新戸倉トンネル)
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

戸倉峠(とくらとうげ)は、兵庫県宍粟市鳥取県八頭郡若桜町との間に位置し、両県の県境を成す標高891mで、これは兵庫県及び中国地方分水嶺では最高地点。

概要[編集]

  • 古くから因幡街道(兵庫県側)及び若桜街道播州街道(鳥取県側)と称され、播磨国因幡国、ひいては近畿地方山陰地方を結ぶ要路であった。その一方、周囲は豪雪地帯で、古くからの難所でもあった。
  • 現在は国道29号が、1995年開通の新戸倉トンネル(標高731m、延長1730m)で抜ける。旧国道はもう少し高い地点を戸倉峠トンネル(1955年開通、延長742m)で抜けていたが、道が狭く屈曲している上、積雪による不通で度々悩まされていた。
  • 神姫バス及び日ノ丸自動車の特急バスが、1966年以来この峠を経由して姫路駅鳥取駅間を結んでいたものの、智頭急行の開業(1994年)などを受け、1998年9月限りで休止となっている。
  • 北側には、兵庫県最高峰かつ中国地方第二の高峰である氷ノ山(1,510m)が控える。戸倉峠を分水嶺として、兵庫県側へ揖保川水系の引原川が、鳥取県側へ千代川水系の八東川が流れ出る。
  • 兵庫県側にはスキー場が多い。

通過する交通路[編集]

  • 国道29号(新戸倉トンネル)
  • 旧道(戸倉峠トンネル)
  • 林道

関連項目[編集]

外部リンク[編集]