戸井田道三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

戸井田 道三(といだ みちぞう、1909年3月25日 - 1988年3月24日)は、日本の評論家、狂言の評論家。

来歴[ソースを編集]

東京生まれ。旧制早稲田中学を経て早稲田大学国文科卒。1933年、中央公論社に入社するが、その年のうちに退社。1948年、天皇制と能楽の関係を説いた『能芸論』を上梓、民俗学、人類学を援用した能や狂言の考察で知られた。1954年より毎日新聞の能評を担当、のち映画評もおこなった。『戸井田道三の本』4冊がある。「きものの思想」で第17回日本エッセイスト・クラブ賞受賞。

著書[ソースを編集]

  • 能芸論 伊藤書店, 1948
  • 日本人の演技 弘文堂, 1959
  • 祭りからの脱出 三一書房, 1963
  • 演技 生活のなかの表現行為 紀伊国屋新書, 1963
  • 能 神と乞食の芸術 毎日新聞社, 1964
  • きものの思想 えりやたもとがものをいう 毎日新聞社, 1968
  • 観阿弥世阿弥 岩波新書, 1969 のち同時代ライブラリー
  • 幕なしの思考 伝統と現代社, 1971
  • 歴史と風土の旅 みかんと猿田彦 毎日新聞社, 1973
  • 狂言 落魄した神々の変貌 平凡社, 1973 のちライブラリー
  • 出雲風土記 平凡社, 1974
  • 鹿と海 歴史の深層紀行 毎日新聞社, 1977.6
  • 生きることに○×はない ポプラ社, 1978 (のびのび人生論)
  • 日本人の神さま 筑摩書房, 1980 のちちくま文庫
  • 劇場の廊下で 麦秋社, 1981
  • まんじゅうこわい 落語の世界 筑摩書房, 1983 (ちくま少年図書館)
  • 忘れの構造 筑摩書房, 1984 のち文庫
  • あとの祭り オノコロ列島深層紀行 河出書房新社, 1986
  • 色とつやの日本文化 筑摩書房, 1986
  • 劇場の廊下で 続 麦秋社, 1987
  • 食べることの思想 筑摩書房, 1988
  • 戸井田道三の本 1-4 (今福龍太編)筑摩書房, 1993

共著[ソースを編集]

  • さくら百花 林弥栄 平凡社カラー新書, 1975
  • 能をたのしむ 増田正造 平凡社, 1976
  • 能面 その世界の内と外 後藤淑 実業之日本社, 1977
  • 日本の石橋 山口祐造 平凡社カラー新書, 1978