戦慄!プルトニウム人間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
戦慄!プルトニウム人間
The Amazing Colossal Man
監督 バート・I・ゴードン
脚本 バート・I・ゴードン
マーク・ハンナ
製作 バート・I・ゴードン
製作総指揮 サミュエル・Z・アーコフ
ジェームズ・H・ニコルソン
出演者 グレン・ランガン
キャシー・ダウンズ
ウィリアム・ハドソン
音楽 アルバート・グラッサー
撮影 ジョゼフ・バイロック
編集 ロナルド・シンクレア
配給 AIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1957年10月25日
日本の旗 1994年4月30日
上映時間 80分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
次作 巨人獣
テンプレートを表示

戦慄!プルトニウム人間』(せんりつぷるとにうむにんげん、The Amazing Colossal Man)は、1957年公開のアメリカ合衆国の映画バート・I・ゴードンが製作・監督・脚本・特殊効果を努め、AIPが配給したSF映画である。

ストーリー[編集]

ネバダ砂漠で行われたプルトニウム爆弾の実験で、誤って被曝しながら命を取りとめたマニング中佐[1]は、全身が巨大化を始めた。婚約者のキャロルも駆けつける中、陸軍は事態を隠蔽するために彼を隔離するが、巨人となったマニングは精神にも異常をきたし、基地から逃亡してラスベガスに出現する。

概要[編集]

巨大生物の登場するB級映画を次々と製作したバート・I・ゴードンの代表作で、ゴードンは本作で、製作・監督・脚本・特殊効果を兼任した。配給は、やはりB級映画を量産したAIPであった。マニングの婚約者キャロルを演じたのは、前年にAIPの製作していた『怪物の女 海獣の霊を呼ぶ女』に出演したキャシー・ダウンズである。リンドストーム役のウィリアム・ハドソンは、本作の共同脚本家マーク・ハンナが脚本を書いた翌年の『妖怪巨大女[2]にも出演した。スタッフ・キャストともB級映画に終始した者が多い中、撮影のジョゼフ・バイロックは、後年『タワーリング・インフェルノ』でアカデミー撮影賞を受賞している。

本作公開の翌1958年には、続編の『巨人獣』が製作されたが、本作でマニング中佐を演じたグレン・ランガンは出演せず、中佐(巨人)役はディーン・パーキンに替わっている。また本作は、日本では長らく劇場では公開されなかったが、1994年になって劇場公開された。

キャスト[編集]

  • グレン・マニング中佐:グレン・ランガン
  • キャロル・フォレスト:キャシー・ダウンズ
  • ポール・リンドストーム:ウィリアム・ハドソン
  • ハロック大佐:ジェームズ・シーイ
  • クルター医官:ラリー・ソー

スタッフ[編集]

  • 製作総指揮:サミュエル・Z・アーコフ、ジェームズ・H・ニコルソン
  • 監督:バート・I・ゴードン
  • 製作:バート・I・ゴードン
  • 脚本:バート・I・ゴードン、マーク・ハンナ
  • 音楽:アルバート・グラッサー
  • 撮影:ジョゼフ・バイロック
  • 編集:ロナルド・シンクレア

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本語で大佐と訳されている場合が見られるが、マニングの階級は Lt. Col. なので、中佐とするのが正しい。
  2. ^ 1993年に『ダリル・ハンナのジャイアント・ウーマン』としてリメイクされた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]