戦争と女性の人権博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
戦争と女性の人権博物館

戦争と女性の人権博物館(せんそうとじょせいのじんけんはくぶつかん。通称:従軍慰安婦博物館)は、大韓民国 ソウル特別市 麻浦区 城山洞にある私立博物館韓国挺身隊問題対策協議会が運営し、日本軍慰安婦被害者を記憶追慕し平和のメッセージを知らせるための場所として開館した。 建築費は20億ウォンで住宅街の一戸建てを購入し改築した。建築には10年間の市民募金が充てられている。最初はソウル市の支援により西大門独立公園に建てる予定だったが、「殉国先烈に対する名誉毀損」と主張した光復会などの反対により現在の場所に変更した。建物に使用されている45,000枚の黒レンガは、被害者と寄付者が積んだもので平和へのメッセージを意味している。この博物館の建設はワイズ建築によるもので、2012年のソウル建築文化祭でソウル市建築賞の最優秀賞を受賞した。

沿革[編集]

2012年5月5日開館。

展示場[編集]

展示場内の慰安婦像

慰安婦日本軍から被害を受けたことを示す資料写真などが展示されている[1]

呼びかけ人[編集]

建設資金寄付者[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]