我部祖河食堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

我部祖河食堂(がぶそかしょくどう)は沖縄そばを提供する飲食店。「本家ソーキそば」を名乗っている。本店は名護市我部祖河にあり、沖縄本島各地に支店がある。

通常の大衆食堂としてのメニューもあるが、その数は多くなく、もっぱら沖縄そば専門店に近い位置づけである。麺は自家工場で作られたやや細めの平麺で、名物メニューのソーキそばではその上にソーキが大きく盛りつけられる。スープは豚骨と鰹節で取られており、極めて脂っぽく濃厚な味である。創業者の親族を中心にチェーン展開しているが、セントラルキッチンを採用していないため、麺は共通であるものの味やメニューは店舗ごとに異なる。

参考文献[編集]

  • すばドゥシノ会編著、『私の好きなすばやー物語』、(1992)、ボーダーインク
  • 『メディアパルムック 沖縄のそばと食堂 '04~'05』、(2005)、発行:株式会社ジャニス・発売:株式会社メディアパル

外部リンク[編集]