我が父祖の土地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Land of My Fathers
Hen Wlad Fy Nhadau
ランド・オブ・マイ・ファーザーズ
ヘン・ウラッド・ヴー・ナーダイ
和訳例:我が父祖の土地
関連画像
ラグビーワールドカップ2011年大会でウェールズの旗を振る少年。

愛国歌の対象
イギリスの旗 イギリス
Flag of Wales 2.svgウェールズ

作詞 エヴァン・ジェームズ(1856年)
作曲 ジェームズ・ジェームズ(1856年)
試聴
テンプレートを表示

我が父祖の土地わがふそのとちLand of My Fathers)とは、ウェールズ国歌である。ウェールズ語の正式な歌名は「Hen Wlad Fy Nhadau」(読みは「ヘン・ウラッド・ヴー・ナーダイ、 ウェールズ語発音: [heːn wlɑːd və ˈn̥adaɨ̞]」)。「わが父祖の国」「我が父なる国」「我が祖先の地」などの邦題もある。

概要[編集]

1856年1月にハープ奏者のジェームス・ジェームス(James James)が、元曲となる「Glan Rhondda (Banks of the Rhondda)」を作曲し、それに彼の父エヴァン・ジェームス(Evan James)が詞をつけた。

最も初期の写しが、ウェールズ国立図書館(National Library of Wales)のコレクションに現存する。

初演は父子の出身である南ウェールズのポンタプリズ(Pontypridd)。

1858年スランゴスレン(Llangollen)のアイステズヴォド(Eisteddfod)で公開されてから、次第にウェールズ国歌として認識されるようになった。

元々は八分の六拍子の曲であったが、一般的に歌われ始めてから、現在のテンポまで徐々に拍子が遅くなっていった。

歌詞[編集]

ウェールズ語
(1番)

Mae hen wlad fy nhadau yn annwyl i mi,
Gwlad beirdd a chantorion, enwogion o fri;
Ei gwrol ryfelwyr, gwladgarwyr tra mad,
Dros ryddid collasant eu gwaed.

(コーラス)

Gwlad, gwlad, pleidiol wyf i'm gwlad.
Tra môr yn fur i'r bur hoff bau,
O bydded i'r hen iaith barhau.

(2番)

Hen Gymru fynyddig, paradwys y bardd,
Pob dyffryn, pob clogwyn, i'm golwg sydd hardd;
Trwy deimlad gwladgarol, mor swynol yw si
Ei nentydd, afonydd, i mi.

(コーラス)


(3番)

Os treisiodd y gelyn fy ngwlad tan ei droed,
Mae hen iaith y Cymry mor fyw ag erioed,
Ni luddiwyd yr awen gan erchyll law brad,
Na thelyn berseiniol fy ngwlad.


(コーラス)
日本語訳[1]
(1番)

我が父祖の地は我に親しく
吟遊詩人と歌歌いと誉れ高き者らの地
勇敢な戦士ら、輝かしき愛国者らは
自由のために血を流す


(コーラス)
御国よ、御国よ、我は国に忠実なり。
海が静かなるとき、大地はいと清らかなり
おお、古き言葉よ風雪に耐えたまえ


(2番)

古き山の国ウェールズ、吟遊詩人の楽園よ
いずれの谷、いずれの崖、我には美しく見えん
祖国の愛を通じて、川の流れる音も小川のせせらぎも
我には心地よく聞こえん


(コーラス)


(3番)

たとえ敵が我が土地をその膝下に置いたとしても、
ウェールズの古き言葉は永久に生き続け、
ミューズは恐るべき反逆の手で妨げられることはなく、
祖国の琴の音が止むこともなし。


(コーラス)

関連項目[編集]

  1. ^ 英語訳からの重訳