我が子を食らうサトゥルヌス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
『我が子を食らうサトゥルヌス』
スペイン語: Saturno devorando a un hijo
Francisco de Goya, Saturno devorando a su hijo (1819-1823).jpg
作者 フランシスコ・デ・ゴヤ
製作年 1819-1823年
種類 キャンバスに油彩
寸法 146 cm × 83 cm (57 in × 33 in)
所蔵 プラド美術館マドリード

我が子を食らうサトゥルヌス』(わがこをくらうサトゥルヌス、スペイン語: Saturno devorando a un hijo)は、スペイン画家フランシスコ・デ・ゴヤの絵画作品で、連作「黒い絵」の一点である。

概要[編集]

ルーベンス『我が子を食らうサトゥルヌス』

ローマ神話に登場するサトゥルヌスギリシア神話クロノスに相当)が将来、自分の子に殺されるという預言に恐れを抱き5人の子を次々に呑み込んでいったという伝承をモチーフにしており、自己の破滅に対する恐怖から狂気に取り憑かれ、伝承のように丸呑みするのではなく自分の子を頭からかじり、食い殺す凶行に及ぶ様子がリアリティを持って描かれている。

この絵は後世に修正されており、オリジナルではサトゥルヌスの陰茎勃起していた。

本作が描かれたのはゴヤが病により聴覚を失った後、77歳の時であるが、本作より以前には16世紀オランダの画家ルーベンスが同じ伝承をモチーフとする『我が子を食らうサトゥルヌス』を描いている。

食人鬼ゴール[編集]

日本で1970年代に数多く刊行された怪奇系児童書に属する複数の書籍では「食人鬼」あるいは「食人鬼ゴール」という名前で解説を加えて紹介している文章に対して、ゴヤによる本作品が図版として掲載されているものが見られる([『世界妖怪図鑑』(1973年)など)。佐藤有文『世界妖怪図鑑』における解説によると、その食人鬼は特にポルトガルに棲息するとされる夜行性の妖怪で、身長は5メートルあり、金持ちを好んで食す[1]とされるが、ポルトガルにおける同伝承についてを記した文献などの出典は不明であり、本作品との結びつきを含めて佐藤有文による創作とする説が有力である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 佐藤有文 『世界妖怪図鑑』 立風書房 1973年 84頁

関連項目[編集]