成田匠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

成田匠(なりた たくみ 1971年-)は神奈川県出身の2輪レーサーで、チーム・ハザードブレイカーズ所属のトライアルライダー。父親は日本におけるトライアルの草分けの一人である成田省造、弟の成田亮もトライアルライダーである。

経歴[編集]

少年時代からバイクトライアル(自転車によるトライアル)を始め、いくつもの大会を制覇している。その後オートバイに転向し、1980年代後半から1990年代にかけて日本トライアル界のトップライダーとして活躍。1990年からはトライアル世界選手権に本格的に参戦した。その後は再び日本国内での活動に軸足を移し、現在に至る。2000年からはヤマハと契約している。

  • 1988年 全日本トライアル選手権国際B級クラス優勝
  • 1989年 全日本トライアル選手権国際A級クラス優勝
  • 1990年 トライアル世界選手権にホンダTLM260で挑戦。6位入賞1回を記録し、総合12位の成績を残す。また、スコティッシュ6日間トライアル(以下、SSDT)スペシャルファーストクラス入賞を果たす。
  • 1991年 トライアル世界選手権 総合7位(5位入賞1回)
  • 1992年 イタリアのオートバイメーカー、ベータと契約。トライアル世界選手権 総合6位(3位入賞1回)
  • 1993年 トライアル世界選手権 総合7位
  • 1994年 トライアル世界選手権 総合5位
  • 1995年 トライアル世界選手権 総合12位
  • 1996年 トライアル世界選手権 総合17位
  • 1997年 全日本トライアル選手権国際A級スーパークラス3位
  • 2003年 SSDTスペシャルファーストクラス入賞
  • 2006年 SSDTスペシャルファーストクラス入賞
  • 2007年 4ストローク125ccのマシン(TYS125F)で全日本トライアル選手権国際A級クラスに参戦。8戦中5勝をも獲得しシリーズチャンピオンとなる[1]。SSDTスペシャルファーストクラス入賞
  • 2013年 全日本トライアル選手権北海道大会の国際A級クラスに電動トライアルマシンで賞典外参戦[2]
  • 2014年 昨年に引き続き全日本トライアル選手権北海道大会の国際A級クラスに電動トライアルマシンで賞典外参戦[2]
  • 2018年 FIMトライアル世界選手権第6戦 ベルギー大会 Trial Eクラス(電動トライアルマシンクラス)に参戦し5位獲得[3]

出演[編集]

2000年に制作されたテレビ番組「仮面ライダークウガ」において、「本物のオートバイアクションを見せたい」とのスタッフの意向により、仮面ライダーのスタントを1年間行った。(詳細は仮面ライダークウガ#オートバイスタントを参照。)オートバイを操る怪人が登場する回では弟の亮が怪人を演じトライアルの共演を行った。また、「平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」においても、およそ18年ぶりに仮面ライダークウガのバイクスタントを行った。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]