成松信勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
成松信勝
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文9年(1540年)?
死没 天正12年3月24日1584年5月4日
官位 遠江守
主君 龍造寺隆信
氏族 成松氏

成松 信勝(なりまつ のぶかつ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将龍造寺氏の家臣。龍造寺四天王の一人。

略歴[編集]

主君・龍造寺隆信から偏諱を受け信勝を名乗る。

武勇に優れていたため、龍造寺四天王の一人となった。元亀元年(1570年)の今山の戦いでは、大友軍に夜襲をかけ、敵の総大将・大友親貞の首級を挙げ[1]、龍造寺隆信より感状を受けた。隆信の隠居後も近侍し、隆信の隠居城である須古城の普請奉行も務めた。

天正12年(1584年)3月24日、島津氏との戦い(沖田畷の戦い)で戦死した[2]

脚注[編集]

  1. ^ 川副博 『龍造寺隆信 - 五州二島の太守』 川副義敦 考訂、佐賀新聞社2006年、235頁。ISBN 978-4882981619
  2. ^ 川副 , p.358.