成島康史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

成島 康史(なるしま やすし)は、日本の数理学者。横浜国立大学大学院国際社会科学研究院国際社会科学部門准教授[1]

主な略歴[編集]

  • 2002年3月 東京理科大学理学部第一部応用数学科卒業
  • 2004年3月 東京理科大学大学院理学研究科数学専攻修士課程修了
  • 2007年3月 東京理科大学大学院理学研究科数学専攻博士課程修了
  • 2007年4月 東京理科大学理学部第1部数理情報科学科助教
  • 2010年10月 福島工業高等専門学校コミュニケーション情報学科助教
  • 2012年4月 横浜国立大学経営学部経営システム科学科准教授
  • 2013年4月 横浜国立大学大学院国際社会科学研究院(経営系)准教授(組織改変による)現職

主な所属学会[編集]

  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会
  • 日本応用数理学会など

主な受賞[編集]

  • 2008年3月 日本オペレーションズ・リサーチ学会文献賞奨励賞

著書[編集]

  • 『応用数理ハンドブック』朝倉書店、2013年。
  • 『数理工学辞典』朝倉書店、2011年。

脚注[編集]

  1. ^ 研究者詳細 横浜国立大学

外部リンク[編集]