成完鍾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

成完鍾 (ソン・ワンジョン、朝鮮語: 성완종、Sung Wan Jong、1951年8月20日 - 2015年4月9日) は、韓国実業家政治家

忠清南道瑞山郡生まれ。中堅建設会社京南企業を筆頭に流通・ホテル・エネルギーなど11社からなる企業グループを、一代で築いたオーナー会長 [1]

2012年4月の第19代総選挙 (大韓民国)先進統一党[2]から立候補し、当選した。

2015年に李明博政権における資源外交不正疑惑問題(韓国語)で検察の聴取を受け、4月9日に遺書を残し失踪[3]、同日午後、北漢山兄弟峰付近で死亡しているのが発見され、自殺とみられている。遺体の検視過程で、着衣のポケットから白いメモ用紙が見つかり、現職の李完九首相、現・元青瓦台秘書室長3人、与党セヌリ党の広域団体長3人、元与党事務総長の計8人の実名や金額などが書かれていた[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]