成公 (唐)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

成公(せいこう、生没年不詳)は、中国春秋時代の君主。姓はともとも。諱は不明。

紀元前507年定公3年)、成公はから離反した[1]紀元前506年(定公4年)、闔閭昭侯と共に楚へ攻め入り、楚の都のを陥落させた[2]紀元前505年(定公5年)、楚の子期(公子結)との子蒲の連合軍に攻撃され、唐は滅亡した[3]

脚注[編集]

  1. ^ 春秋左氏伝』定公三年「唐成公如楚」
  2. ^ 上掲書定公四年「冬,蔡侯、呉子、唐侯伐楚」
  3. ^ 上掲書定公五年「秋七月,子期、子蒲滅唐」