懐月堂度辰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

懐月堂 度辰(かいげつどう どしん、生没年不詳)とは、江戸時代浮世絵師

来歴[編集]

懐月堂安度の門人。経歴は不明、「度辰」の本来の読み方も明らかではなく「のりたつ」とも読める。作画期は宝永から正徳の頃にかけてで、大々判の墨摺絵3点と肉筆画9点を残している。墨摺絵の版元は3点とも通油町の中屋である。なお度辰の作には「懐月末葉度辰」とあるのみで、度辰が自ら「懐月堂」の号を称したかどうかは明らかではないが、従来より「懐月堂度辰」の名で呼ばれている。

作品[編集]

木版画[編集]

肉筆画[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 落款・印章 備考
遊女立姿図 紙本着色 1幅 85.3x41.7 東京国立博物館 款記「日本戯畫 懐月末葉度辰圖之」/「安度」白文方郭内円印
立姿美人図 紙本着色 1幅 出光美術館 款記「日本戯畫 懐月末葉度辰圖之」/「安度」白文方郭内円印
美人図 紙本着色 ニューオータニ美術館
婦女図 紙本着色 1幅 サントリー美術館 款記「日本戯畫 懐月末葉度辰圖之」 頭に紫帽子を付けていることから単なる美人画ではなく、女形役者を描いたものと見られる。
太夫美人図 紙本着色 1幅 款記「日本戯畫 懐月末葉度辰圖之」/方印(印文不詳) 萬野美術館旧蔵
一人立美人図 紙本着色 1幅 97.8x41.5 心遠館(プライスコレクション) 款記「日本戯画 懐月末葉度辰図之」/「安度」白文内円方印[1]
遊女図 紙本着色 1幅 ウースター美術館 款記「日本戯畫 懐月末葉度辰圖之」/「安度」白文方郭円印
文を書く遊女図 紙本着色 1幅 寸法(縦x横cm) メトロポリタン美術館 款記「日本戯畫 懐月末葉度辰圖之」/「安度」白文方郭円印

脚注[編集]

  1. ^ 辻惟雄監修 『ザ・プライスコレクション』 小学館、2006年9月1日、No.76、ISBN 978-4-09-681881-7

参考文献[編集]

  • 『開館十周年記念 サントリー美術館図録』 サントリー美術館、1971年
  • 出光美術館編 『出光美術館蔵品図録 肉筆浮世絵』 平凡社、1988年 ※281 - 283頁
  • 小林忠編 『肉筆浮世絵大観(1) 東京国立博物館Ⅰ』 講談社、1994年 ※217頁
  • 小林忠編 『肉筆浮世絵大観(7) 萬野美術館』 講談社、1996年 ※221 - 222頁
  • 国際浮世絵学会編 『浮世絵大事典』 東京堂出版、2008年