慢性疾患

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

慢性疾患(まんせいしっかん)とは、 徐々に発症して治療も経過も長期に及ぶ疾患の総称である。

糖尿病や高血圧、高脂血症などに代表される。その原因は生活習慣病によるものと、腎疾患、リウマチ・アレルギー性疾患などが挙げられるが、その定義は機関によって異なる[1][2]

出典[編集]

関連項目[編集]