慈雲寺 (長野県下諏訪町)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
慈雲寺 (下諏訪町)から転送)
移動先: 案内検索
慈雲寺
慈雲寺
所在地 長野県諏訪郡下諏訪町東町中606
山号 白華山
宗派 臨済宗妙心寺派
本尊 十一面観音
創建年 1300年正安2年)
開山 一山一寧
開基 金刺遠江守義貞
正式名 白樺山慈雲寺
文化財 梵鐘長野県宝)
テンプレートを表示

慈雲寺(じうんじ)は、長野県諏訪郡下諏訪町にある臨済宗妙心寺派の寺院である。山号は白華山。本尊十一面観音一山一寧開山した寺院。

歴史[編集]

正安2年(1300年)に臨済宗建長寺派の寺院として創建された。

文化財[編集]

梵鐘 - 応安元年(1368年)の鋳造。総高114cm、口径66.4cm
  • 町指定有形文化財
本堂 - 文化5年(1808年)の再建。立川流。棟梁は上諏訪の市蔵。
山門 - 安永8年(1779年)の建立。棟梁は村田長左衛門。
阿弥陀如来立像 - 木喰の作。高さ112cm。文化4年(1807年)の作。

交通アクセス[編集]

寺院周辺[編集]

外部リンク[編集]