慈眼寺 (徳島県上勝町)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
慈眼寺
Gecchozan Jigenji 05.JPG
本堂
所在地 徳島県勝浦郡上勝町正木
位置 北緯33度56分24.73秒東経134度25分50.68秒座標: 北緯33度56分24.73秒 東経134度25分50.68秒
山号 月頂山
宗派 高野山真言宗
本尊 十一面観音
創建年 (伝)延暦年間(782年 - 805年
開基 (伝)空海(弘法大師)
正式名 月頂山 宝珠院 慈眼寺
別称 穴禅定の寺
札所等 四国八十八箇所20番奥院
四国別格二十霊場3番
公式HP 穴禅定の寺 慈眼寺
法人番号 6480005002442 ウィキデータを編集
テンプレートを表示
慈眼寺の山
蔵王権現と双羽権現

慈眼寺(じげんじ)は徳島県勝浦郡上勝町に所在する高野山真言宗の寺院。詳しくは、月頂山 宝珠院 慈眼寺と号し、別名「穴禅定の寺」である。四国八十八箇所霊場第二十番札所奥の院、四国別格二十霊場三番札所。本尊は十一面観世音菩薩で、御影には、本尊と双羽権現[注釈 1]と蔵王権現が描かれている。

本尊真言:おん まか きゃろにきゃ そわか

御詠歌:天(あま)とふや 鶴の奥山 おくたへて 願ふ功力に 法(のり)ぞ通はむ

概要[編集]

上勝町正木の集落(標高150m付近)より山道を上った標高320m付近の車道脇から見上げると灌頂滝が臨め、さらに上がった標高550m付近に本坊・駐車場があり、そこから徒歩で約20分登った標高約700m付近の石灰岩質の山腹に本堂がある。

寺伝によれば平安時代初期の延暦年間(782年 - 805年四国を巡錫中の空海(弘法大師)が、邪気の漂う不思議な鍾乳洞を発見した。洞窟の入口で数日間、加持祈祷を行ったところ悪が洞窟より出て空海を襲った。空海は法力で悪龍を洞窟の壁に封じ込めた。また、十一面観音を刻んで洞窟の前に堂宇を建立し安置した。これが慈眼寺の開創と伝えられている。

境内[編集]

夏の灌頂ヶ滝
  • 本堂:大師堂と護摩堂のある本坊より山道を徒歩で約20分登った場所にある。(線香に火をつけお堂の周りを3週し祈願する習わしがある。)
  • 大師堂:本坊にあり、大師像が拝顔できる。
  • 護摩堂:中に入って不動像を拝顔して参拝できる。
  • 権現堂:2015年新築
  • 本堂への参拝登山道沿いにミニ八十八箇所が点在している。
  • 本坊:納経所の空間には2019年冬より暖炉がある。
  • 穴禅定:本堂の更に上部にある鍾乳洞。修行用の白衣と藁草履(有料)を借り、寺の案内人(先達)の指示によりロウソク1本で入洞する。洞窟の距離は100m程と短いが拝観におおむね2時間を要し、試しの2本の支柱の間28cmを通過できない体格の大きい人と閉所恐怖症の人は入洞できない。入洞期間は3月1日より11月30日まで(ただし、8月13日から15日と悪天候時は入洞できない)。3人以上であれば一人当たり1000円、一人のみであれば3000円、二人であれば一人1500円という費用で案内してくださる。(2016/8月現在)
  • 灌頂ヶ滝(かんじょうがたき):「御来仰の滝」とも呼ばれる。寺院の下方にある落差約60メートル直瀑。渇水時は非常に流水が少ない。滝壺の左上方には覚鑁(興教大師)作と伝わる不動明王を安置している。

文化財[編集]

穴禅定の入り口
上勝町指定有形文化財
  • 十一面観音菩薩立像(本尊):像高70cm、1976指定
上勝町指定天然記念物
  • 鍾乳洞(穴禅定)

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
20 鶴林寺 --(20.1km)-- 20番奥の院 慈眼寺 --(23.4km)-- 21 太龍寺
四国別格二十霊場
2 童学寺 --(48.0km)-- 3 慈眼寺 --(阿南市経由 78.5km)-- 4 鯖大師本坊

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 両権現とも由緒は不明、先代住職から由緒を引き継いでなく、文書も火災で焼失のため名前以外は今となっては知るよしもない。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 徳島史学会/編 『新版 徳島県の歴史散歩』 山川出版社/刊 1995年 163 - 164ページ
  • 宮崎建樹/著 『四国遍路ひとり歩き同行二人』解説編 へんろみち保存協力会/刊 2007年(第7版)
  • 『四国第二十番奥の院 別格霊場第三番 慈眼寺』 現地配布パンフレット

関連項目[編集]

外部リンク[編集]