慈済基金会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
慈済基金会本部静思堂

慈済基金会(じさいききんかい、正式には財団法人 中華民国 仏教慈済慈善事業基金会)は、台湾の仏教系の慈善団体。

印順の弟子の釈証厳によって1966年4月14日に台湾の花蓮県で「仏教克難慈済功徳会」(慈済功徳会)として設立された。

「慈済」の由来は「慈悲為懐、済世救人」(慈悲を抱き、世を助け人を救う)

尼僧が主婦グループを主導したことに始まるので、女性が主要メンバーとして活動することで知られる。

沿革[編集]

運営方針[編集]

釈証厳とその師の印順は、「人間仏教」を理念に置いた。「家々に観音様、各世帯に阿弥陀如来」を転じて「人々を観音様に、各々を阿弥陀如来に」とし、仏教精神を個人化、生活に落とし込んだ。

最初は30名の会員で結成され、慈善運動を始めた。この頃の活動は募金と貧民救済であった。

後には富める者に貧者救済を勧めることを目標とし、「無縁大悲、同体大悲」を掲げ、会員には、「仏心を己の心とし、師の志を己の志とするように」求めた。

その後は、「四大志業、八大法印」を主要業務とした。

事業を行う時は、釈証厳の「世界に3つのいない」を原則としている。それは「世界に私の愛さない人はいない、世界に私の信用しない人はいない、世界に私の許さない人はいない」である。

仏法の人間化を理想とするため、その事業運営にあたっては、民族、宗教、国籍を問わず、他の宗教や民族を貶めることはしない。国際救援活動に際しては、1.政治や商売の話をしない。2.会の宣伝をしない。3.仏教を広めない。を規則としている。

四大志業、八大法印[編集]

仏教慈済総合医院台北分院

基金会の四大志業、八大法印とは、奉仕、医療、教育、人文(文章・映像伝道)、国際支援活動、骨髄バンク、社会ボランティア、環境保全である。

医療[編集]

1986年に花蓮市に設立した仏教慈済総合医院のほか、分院を台湾各地に設立し、地域医療の充実に貢献している。

2000年には、各地の医療ボランティア組織を統合して「国際慈済人医会」(TIMA)を設立し、災害時の医療活動に従事している。

教育[編集]

1989年に看護学校慈済技術学院を、1994年に医科大学慈済大学を設立し、地域の特に先住民族の女子教育に力を入れ、小学校から大学院まで仏教精神に基づく一貫教育を行っている。

慈済伝播人文志業基金会[編集]

慈済人文志業中心

慈済伝播人文志業基金会(英字:Tzu chi Culture and Comunication Foundation)は、四大志業の内の人文活動を行う事業主体で、2005年に改組され、傘下に大愛電視慈済文化出版社静思人文社などを持つ。台北市の慈済関渡園区に慈済人文志業中心を置く。

慈済十戒[編集]

慈済ボランティアーは仏教の信者として、釈迦様が定めた五戒と釈証厳師の定めた戒律(十戒)を守る

  • 不殺生
  • 不偸盗
  • 不邪淫
  • 不妄語
  • 不飲酒
  • タバコや麻薬を吸わない、檳榔を咬まない
  • 不賭博、不投機
  • 交通規則を遵守する
  • 父母に孝行する、表情や声を整える
  • 政治活動、デモをしない

素食運動[編集]

基金会では素食(ベジタリアン)は会員に強要はしないが、活動や制服を着る時に素食を食べる。

慈済大学の学生も、素食や仏教信仰は強要されないが、素食は奨励されている。

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

  • 『万朶心蓮 - 慈済会のご案内』(慈済基金会)
  • 『驚異の仏教ボランティア - 台湾の社会参画仏教「慈済会」』(金子昭著、白馬社、2005年)
  • 「東日本大震災における台湾・仏教慈済基金会の救援活動」(金子昭著、『宗教と社会貢献』1号、2011年)PDF

脚注[編集]

  1. ^ 岩手日報2011年08月31日】「【釜石】台湾の団体が支援協定 教育関係1億5460万円」

外部リンク[編集]