慈受院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
慈受院
慈受院門跡
慈受院門跡
所在地 京都府京都市上京区 寺之内通堀川東入 百々町540
位置 北緯35度2分3.6秒
東経135度45分8.1秒
山号 廣德山
広徳山
院号 慈受院
宗旨 臨済宗禅宗
宗派 単立臨済宗通玄派
寺格 尼門跡
尼五山
通玄寺の子院 → 単立
本尊 釈迦如来
開基 慈受院 淨賢竹庭(日野榮子
正式名 廣德山慈受院
広徳山慈受院
別称 薄雲御所、竹之御所烏丸御所
公式HP 慈受院 薄雲御所
法人番号 9130005001749 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

慈受院(じじゅいん)は、京都市上京区百々町にある臨済宗単立の門跡尼院。山号は広徳山。本尊は釈迦如来。薄雲御所とも称する。

歴史[編集]

正長元年(1428年)、室町幕府四代将軍義持の正室である日野栄子が皇室代々の菩提を弔うために創建したと伝えられる。院号の由来は、日野栄子の戒名である慈受院 淨賢竹庭尼大禪師から。

創建以来、皇室将軍家摂関家より住持が入山している。応仁の乱宝永5年(1708年)の大火によって焼失し移転を重ねた。大正8年(1919年)に同じく日野栄子が開基の総持院を併合して、現在地に再興した。

慈受院案内板

関連項目[編集]

尼五山

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]