愨恵皇貴妃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

愨恵皇貴妃(かくけいこうきひ、1668年 - 1743年)は、康熙帝の側室。姓はトゥンギャ(佟佳)氏(Tunggiya hala)。

経歴[編集]

孝懿仁皇后ロンコドの妹。佟国維の娘。康熙帝の生母・孝康章皇后の姪にあたる。

康熙39年12月(西暦で1701年)、貴妃に封ぜられた。

康熙61年12月(1723年)、孝懿仁皇后の妹として、皇考皇貴妃に尊封された。乾隆帝の即位後、「皇祖寿祺皇貴太妃」に尊封された。乾隆8年癸亥(1743年)4月1日、薨去した。「愨恵」の諡号を贈られ、景陵の雙妃園に葬られた。

伝記資料[編集]

  • 『清聖祖実録』
  • 清史稿』巻214 列伝一
  • 『尊封佟貴妃皇貴妃、和妃貴妃上諭』(康熙61年12月)朕奉皇太后懿旨。孝懿皇后曾撫育朕躬、貴妃系孝懿皇后親妹、応将貴妃封為皇貴妃。又和妃奉事先帝最為謹慎、応将和妃封為貴妃。朕為皇太后聖心至仁至厚、此旨実為允当。朕奉皇太后懿旨、朕兄弟之母当加意相待。朕念十二阿哥之母多年侍奉皇考甚為謹慎、久列嬪位、今晋封為妃。十五阿哥、十六阿哥之母嬪亦晋封為妃。再現在有曾生兄弟之母未經受封者俱応封為貴人。六公主之母応封為嬪。内有一常在年已七旬、亦応封為貴人。