感応寺 (出水市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
感応寺(かんのうじ)
所在地 鹿児島県出水市
位置 北緯32度4分2.5秒
東経130度16分0.3秒
座標: 北緯32度4分2.5秒 東経130度16分0.3秒
山号 鎮国山
宗旨 臨済宗
宗派 相国寺派
法人番号 2340005005306
テンプレートを表示

感応寺(かんのうじ)は、鹿児島県出水市野田町にある臨済宗相国寺派寺院である。山号は「鎮国山」。写真サイトCANON iMAGE GATEWAYの日本人なら一度は訪れたい寺「名刹巡礼 古寺 100選」に選ばれた。

沿革[編集]

1194年建久5年)、島津忠久の命により家臣の本田貞親栄西を開山として創建した寺院とされる。最古の禅宗寺院の1つ。

その後、島津氏の菩提寺となり大変に栄えたが、明治2年の廃仏毀釈のおり廃寺となった。のち1888年明治13年)に難を逃れた寺宝を元に再興された。

西側には「五廟社」とよばれる墓地があり、ここに島津忠久島津忠時島津久経島津忠宗島津貞久の島津氏初代から5代までの墓がある。

所蔵文化財[編集]

  • 十一面千手観音像 脇侍四天王像(鹿児島県指定文化財)
文安2年(1444年)仏師、院隆より作られた最晩期の院派仏像。
  • 絹本着色 雲山和尚像(鹿児島県指定文化財) 毎年4月8日のみ公開

関連項目[編集]

外部リンク[編集]