愛知県立海翔高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
愛知県立海翔高等学校
Aichi Prefectural Kaisho High School ac.jpg
過去の名称 愛知県立海南高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 愛知県の旗 愛知県
学区 尾張学区 共通群 Aグループ
(福祉科) 専門学科 Aグループ
併合学校 愛知県立蟹江高等学校
設立年月日 2007年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
普通科スポーツコース
普通科環境防災コース
福祉科
学科内専門コース (普通科)
スポーツコース
環境防災コース
学期 3学期制
高校コード 23281F
所在地 490-1401
愛知県弥富市六條町大崎22
北緯35度6分11.42秒 東経136度45分20.07秒 / 北緯35.1031722度 東経136.7555750度 / 35.1031722; 136.7555750座標: 北緯35度6分11.42秒 東経136度45分20.07秒 / 北緯35.1031722度 東経136.7555750度 / 35.1031722; 136.7555750
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
愛知県立海翔高等学校の位置(愛知県内)
愛知県立海翔高等学校

愛知県立海翔高等学校(あいちけんりつ かいしょうこうとうがっこう)は、愛知県弥富市六條町大崎に所在する公立高等学校

設置学科[編集]

沿革[編集]

  • 1971年(昭和46年)4月 - 愛知県海部郡蟹江町愛知県立蟹江高等学校開校。
  • 1979年(昭和54年)4月 - 愛知県海部郡十四山村に愛知県立海南高等学校開校。
  • 2005年(平成17年)4月 - 愛知県の第一次高等学校再編計画に基づき、海南高校の校地に愛知県立海翔高等学校が創立され、1期生が入学[注釈 1]
  • 2007年(平成19年)3月 - 2004年度入学者の卒業をもって、前身の海南高校と蟹江高校が廃校となる。それぞれ3月1日と3月3日に閉校式が行われた。
  • 2015年(平成27年)3月21日 - 蟹江高校跡地に「蟹江町希望の丘広場」が完成[1]

設立を巡る混乱[編集]

愛知県立海翔高等学校は愛知県立海南高等学校と愛知県立蟹江高等学校の統合という形で設立されたが、校舎は海南高校のものを引き続き使用している。そのため、地元では蟹江高校が海南高校に統合されると受け取られ、設立に際し蟹江高校の卒業生や地元蟹江町による反対運動も起きている。

1979年開校の海南高校より1971年開校の蟹江高校のほうが歴史が古く、蟹江高校のほうが入学レベルも高かったことなどから、統合が発表された当初、地元では蟹江高校が存続すると見られていた。2003年10月に愛知県による県立高校再編整備実施計画が発表された際の報道でも海南高を蟹江高に統合する[2]とされている。

その後目立った反対運動などは起きなかったが、2004年の始めに一転して海南高校の校舎を使用するとの決定がなされたため、計画の撤回を求めて卒業生や蟹江町による反対運動が行われることとなった。2004年の10月には蟹江町による陳情書とともに蟹江高校の卒業生を中心とする1万291人分の署名が県側に提出されるに至ったが、結局計画は撤回されることはなかった。

海南高校の校舎が使われることになった理由として愛知県側は、海南高校の方が地元中学出身者の比率が高かったことや、校舎の耐震診断の結果が良かったこと[3]を挙げているが、海南高校がある旧十四山村周辺に県立普通科高校がなかったことも校舎存続に有利に働いたと思われる。

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 海南高校は2007年3月まで海翔高校に併存。蟹江高校は2004年度を最後に新規入学者の募集を停止した。

出典[編集]

  1. ^ 鈴木啓太 (2015年3月25日). “「希望の丘広場」 水害時避難も 旧蟹江高跡地に町が整備”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 朝刊 県内版 28 
  2. ^ 「対象4組が固まる 県立高校の統廃合」『朝日新聞』2003年10月1日付朝刊、愛知2、第29面
  3. ^ 「蟹江高の統合巡りOBら撤回要望『新設校で校舎利用を』」『朝日新聞』2004年9月11日付朝刊、愛知2、第26面

関連項目[編集]

外部リンク[編集]