愛知敬一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
愛知 敬一
あいち けいいち
生誕 1880年明治13年)7月25日
東京府 (当時)
死没 (1923-06-23) 1923年6月23日(42歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 物理学
研究機関 東京帝国大学
京都帝国大学
東北帝国大学
出身校 東京帝国大学
プロジェクト:人物伝

愛知 敬一(あいち けいいち、1880年7月25日 - 1923年6月23日)は日本の物理学者東北帝国大学理科大学物理学科教授を務めた。

来歴・人物[編集]

1880年(明治13年) 、東京府生まれ。東京帝国大学卒業。東京帝大講師、京都帝大助教授。ヨーロッパへの留学を経て、1911年明治44年)に東北帝国大学理科大学(理学部)の教授に就任した。翌1912年には、総長推薦によって同大学から博士号物理学)を授与された。1922年大正11年)のアルベルト・アインシュタイン訪日時には、神戸港に出迎え、仙台市公会堂で行われた講演会でも通訳を務めた。

1923年大正12年)、食中毒フグによる[1])により、急死した。42歳没。

家族[編集]

父・信元は、幕末には小姓として徳川慶喜に仕え、明治維新以降には学習院や華族女学校(現学習院女子高等科)で数学を教えていた人物であった。息子の愛知揆一は政治家となり、外務大臣、大蔵大臣などを歴任した。同じく政治家の愛知和男は揆一の娘婿、愛知治郎は曾孫である。

著書[編集]

1922年、東北帝大にて。左から、本多光太郎、アインシュタイン、愛知、日下部四郎太
  • 『実用高等数学』(角尾猛次郎と共著)大日本図書、1909年
  • 『自然の美と恵--科学叢話』丸善、1917年
  • 『力学』裳華房、1919年
  • 『放射能概論』丸善、1920年
  • 『電気学の泰斗ファラデーの伝』岩波書店、1922年
  • 『電子の自叙伝--通俗電気講話』裳華房、1922年
  • 『理論物理学』裳華房、1924年

訳書[編集]

  • カール・フリードリッヒ・ガウス「ポテンチヤル論」(大久保準三と共訳)、東北帝国大学編『科学名著集』4、丸善、1913年

脚注・出典[編集]

  1. ^ 中島信吾『巨星墜つ:百年の逸材:仙台二高』 息子・愛知揆一の死去前後の様子や生涯を綴った文章である。

外部リンク[編集]