愛新覚羅胤祺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

愛新覚羅 胤祺(あいしんかくら いんき、満州語: ᠠᡞᠰᡞᠨ ᡤᡞᠣᠷᠣ
ᠶᠥᠨ ᡣᡞ
 転写:aisin gioro yūn ki、1680年1月5日 - 1732年7月10日)は、康熙帝の五男。母は宜妃のゴロロ氏。名は雍正帝の即位後に允祺と改めている。

生涯[編集]

康熙35年(1696年)からジュンガル戦で正黄旗大営を任された。康熙48年(1709年)には和碩恒親王、鑲白旗の旗主に封じられた。温厚な人物と評され、兄弟との諍いも少なく、とりわけ胤禵(康熙帝の十四男)と仲が良かった。

雍正4年(1726年)、胤祺の息子・弘昇は「仕事に最善を尽くしていない」という口実で親王世子位を剥奪された。雍正10年(1732年)5月19日に死去。

乾隆帝が即位すると、弘昇の爵位が回復された。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

登場作品[編集]