愛新覚羅胤ジョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「愛新覚羅胤」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0212(補助漢字)に該当)が含まれています詳細

愛新覚羅 胤(あいしんかくら いんじょう、満州語ᠠᡞᠰᡞᠨ ᡤᡞᠣᠷᠣ
ᡞᠨ ᠴᡝᠩ
、転写:aisin-gioro in-ceng、1674年6月6日 - 1725年1月20日)は、中国清朝の皇族。康熙帝の第2皇子。理密親王。名は雍正帝の即位後にと改めている。

生涯[編集]

康熙帝の最初の皇后である孝誠仁皇后の男子として生まれるが、母は難産で死去した。胤礽はわずか2歳にして皇太子となり、母方の大叔父に当たるソンゴトゥが権勢を得ていたこともあり、周囲の期待の下、英才教育を受け成長した。康熙帝は胤礽を非常に可愛がり、遠征中に自筆の手紙を何度も差し出したり、一緒に狩りに行ったりした。また、成人しても爵位や領民を与えず、部屋住みにした。これは帝位を円滑に継がせたいための処置であった。康熙15年(1676年)、胤礽は皇太子に立てられた。

ところが、ガルダン・ハーン討伐で他の皇子たちが功績を挙げたので、康熙帝は6人に爵位と八旗や領民を与えた。旗は元来はそれぞれ独立した部族集団であり、清朝初期の皇帝やその前身の後金ハーン満州の部族連合の長として合議で選ばれており、皇帝が皇太子と定めても帝位を継げる保証は必ずしもなかった。そのため、各旗の旗人は壮烈な党派争いを演じ、陰謀が巡らされた。また、満州人には長子相続という慣習がなく、中国式の皇太子の地位など皇子たちには納得がいかず、兄弟みな同格だと認識していた。

そうした中、康熙42年(1703年)に胤礽の後ろ盾でもあったソンゴトゥがクーデターで失脚すると、胤礽は孤立して自暴自棄となった。康熙47年(1708年)秋、内蒙古に赴いていた際に、康熙帝は同行していた胤礽を跪かせ、涙ながらにこのように激しく叱責した。

「私は太祖世祖の遺産を引き継ぎ、心を尽くして臣下を愛しみ、人民を養い天下を安楽することに努めた。しかし今の皇太子を見ると、先祖の徳にならわず、私の教訓に従わず、ただ悪をほしいがままにして衆を虐げ、暴虐と乱行は口にするのも憚られるほどである。20年間大目に見てきたが、悪行はますます酷くなっている。諸王、貝勒(ベイレ)、大臣、官使に権勢を振りかざし、暴力を振るった。一味を集めて私の身辺を伺い、私の一挙手一投足を探り出さないことはない。またモンゴル人が私に献上する馬を勝手に取り、モンゴル人に不平がたまった。私はそれでも改心してくれると信じていた。また皇太子はぜいたくで、私がおよそ用いる物は庶民の汗と脂の賜物であるから倹約しろという私の言葉に従わない。皇十八子(胤祄、胤礽の異母弟)が病でも少しも心配せず、私がそのことを叱責すると逆に怒った。さらに奇怪なことに、毎晩私のテントに忍びよった。私はソンゴトゥの仇討ちと思って眠れなかった。こんな奴に先祖の遺産を譲れるか。それに皇太子が生まれると生母を殺した古人は不孝と言った。私の着ている物より豪華なのに、それでも不足で国庫に手を出し政治に口を出す。きっと国民を傷つけ、国家を破壊しなければ気が済まないのだろう。こんな不仁不孝の者を君主にしたら先祖の遺産はどうなるか。」

泣きながら胤礽を逮捕させた康熙帝は、悲観のため不眠症となった。その後、北京への帰還の際に皇太子を正式に廃した。

胤礽が廃された後、皇長子胤禔が皇八子中国語版を新たな皇太子に推薦した。しかし、胤禩が反胤礽の中心人物であったことを知り、康熙帝は怒って貝勒の爵位を取り上げた。さらに、皇三子の胤祉が、胤禔はラマに頼んで廃太子に呪詛を仕掛けたと直訴した。調べたところ、廃太子の部屋に呪詛の証拠が見つかり、胤禔は郡王の爵位を取り上げられ、監禁された。

その後、康熙帝は狩猟に出かける際に胤礽に会うと、胤礽は人が違ったように穏やかになっており、以前のことは思い出せないと語った。康熙帝は「やはり魔法にかけられていたのだ」と言って喜び、康熙48年(1709年)春に再び皇太子に立てた。しかし、胤礽が諸大臣との宴会を通じて皇太子党なるものを築いたことを知ると、康熙帝は歩軍総領トホチらを処刑し、胤礽は康熙51年(1712年)に再び廃立、幽閉された[1]

康熙帝が崩御すると、遺詔により皇四子胤禛(雍正帝)が即位し、その翌年の雍正2年12月14日(1725年1月20日)、胤礽は獄中で死去した。

脚注[編集]

  1. ^ 岡田英弘『康煕帝の手紙』(中公新書) 190P

関連項目[編集]