愛媛県道320号船越平城線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
愛媛県道320号標識

愛媛県道320号船越平城線(えひめけんどう320ごう ふなこしひらじょうせん)は、愛媛県南宇和郡愛南町船越から同町御荘平城に至る一般県道であったが、2012年に愛媛県道34号平城高茂岬線に統合され、県道の認定を解除された[1]

概要[編集]

当路線は1976年の開通以来、30年間にわたり全区間が有料道路西海有料道路(にしうみゆうりょうどうろ)だったが、2006年3月31日に無料開放された。本記事には有料道路時代のことも含む。

愛南町西海地区へ向かう重要な路線である。

路線データ[編集]

県道の認定解除時点(2012年当時)のものである。

歴史[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

主な接続道路[編集]

県道の認定解除時点(2012年当時)のものである。

沿線[編集]

西海有料道路[編集]

西海有料道路
終点・御荘平城側の標識。

西海有料道路(にしうみゆうりょうどうろ)は、愛媛県南宇和郡愛南町船越と同町御荘平城を結んでいた有料道路愛媛県道路公社が管理していたが、2006年3月31日に無料開放された。

有料道路の概要[編集]

1973年東予有料道路とともに建設開始され、1976年3月開通した。半島の背稜を走り、海中公園、鹿島などへ観光アクセス道路、風光明媚なドライブウェイとして期待された。1976年3月供用開始され、2006年3月をもって当初計画された30年間の料金徴収期間が到来した。しかしながら、当初計画された交通量3000万台に対して、2006年2月時点で1517万台と見込みの半分程度に低迷し、道路建設費用の未償還金が約31億円(市中銀行借入2,886百万円、県出資金284百万円)発生、最終的に県が負担し、無料開放された。

有料道路であることが観光開発の一つのネックとなっているという見方も地元にはあり、無料化による観光振興に期待が寄せられている。

なお、この道路と同時に東予有料道路が無料開放されたが、東予の方はバイパスとして機能しており、通行量も多かった。これに伴い、愛媛県道路公社は解散された。

通行料金(当時)[編集]

区分 軽車両等 軽自動車等 普通車 大型車I 大型車II
普通通行券 50 260 420 630 1,470
回数券(11回券) 530 2,630 4,200 6,300 14,700
回数券(60回券) 2,630 13,130 21,000 31,500 73,500
回数券(100回券) 4,200 21,000 33,600 50,400 117,600

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 愛媛県報第2412号”. 告示1246,1247号. 愛媛県 (2012年10月16日). 2013年6月8日閲覧。

関連項目[編集]