愛媛県道・高知県道5号川之江大豊線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 5.svg
愛媛県道5号標識
Japanese Route Sign Number 5.svg
高知県道5号標識
愛媛県道5号 川之江大豊線
高知県道5号 川之江大豊線
主要地方道 川之江大豊線
起点 愛媛県四国中央市川之江町
港通交差点・国道11号交点【地図
終点 高知県長岡郡大豊町川口【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0011.svg 国道11号
Japanese Route Sign Number 9.svg
都道府県道9号標識
香川県道・愛媛県道9号大野原川之江線
Japanese National Route Sign 0192.svg 国道192号
Japanese National Route Sign 0319.svg 国道319号
E32 高知自動車道
Japanese National Route Sign 0439.svg 国道439号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

愛媛県道・高知県道5号川之江大豊線(えひめけんどう・こうちけんどう5ごう かわのえおおとよせん)は、愛媛県四国中央市から高知県長岡郡大豊町へ至る県道主要地方道)である。

概要[編集]

平安時代初期に開かれた北山官道が起源。のち土佐に通じる道として土佐街道(もしくは土佐北街道)と呼ばれた。土佐より瀬戸内海側に通じる主要な陸路として江戸時代には土佐藩参勤交代の際にも利用されていた。

現在は高知自動車道川之江JCTから大豊IC間が起点から終点まで並行し、国道32号が整備されているため、交通量は少ない。

平成30年7月豪雨による被害[編集]

2018年の豪雨災害のため、四国中央市新宮町馬立辺地床 - 高知県長岡郡大豊町笹ヶ峰において道路崩壊や陥没を原因とする全面通行止・封鎖になっており2019年6月現在復旧の計画は未定。なおその区間を迂回するルートはない。

路線データ[編集]

  • 起点:愛媛県四国中央市川之江町(港通交差点、国道11号交点)
  • 終点:高知県長岡郡大豊町川口(国道439号交点)
  • 路線延長 :【愛媛県側】23.5 km(うち現道 23.4km)[1]

歴史[編集]

  • 1972年(昭和47年)2月 - 一般県道102号大豊川之江線を認定
  • 1976年(昭和51年)10月 - 主要地方道5号川之江大豊線を認定
  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、県道川之江大豊線が川之江大豊線として主要地方道に指定される[2]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

道路施設[編集]

橋梁[編集]

  • 榎実大橋(ループ橋)

トンネル[編集]

道の駅[編集]

事前通行規制区間[編集]

四国中央市新宮町馬立辺地床 - 四国中央市新宮町馬立辺地床(延長7.6km)…時間雨量40mm、連続雨量200mmで通行止め。

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

施設名 接続路線名 備考 所在地
港通交差点 国道11号 起点 愛媛県四国中央市川之江町
川之江郵便局前交差点 愛媛県道123号金生三島線 県道123号起点 愛媛県四国中央市金生町下分地図
川之江総合支所前交差点 香川県道・愛媛県道9号大野原川之江線 県道9号終点 愛媛県四国中央市金生町下分地図
国道11号川之江三島バイパス 愛媛県四国中央市上分町地図
愛媛県道124号上分三島線 県道124号起点 愛媛県四国中央市上分町地図
上分小学前交差点
-
国道192号 重複区間 愛媛県四国中央市上分町地図
愛媛県四国中央市金田町半田地図
堀切トンネル 愛媛県四国中央市
〈堀切トンネル南〉
-
国道319号 重複区間 愛媛県四国中央市新宮町馬立地図
愛媛県四国中央市新宮町新宮地図
8 新宮IC出入口 E32 高知自動車道 愛媛県四国中央市新宮町新瀬川地図
道の駅霧の森 愛媛県四国中央市新宮町馬立地図
笹ヶ峰トンネル 愛媛県・高知県境地図
-
-
高知県道262号磯谷本山線 重複区間 高知県長岡郡大豊町川口
高知県長岡郡大豊町川口地図
〈9 大豊IC 国道439号 終点
大豊ICには国道439号経由
高知県長岡郡大豊町川口

沿線にある施設など[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 路線別改良済舗装済延長および百分率 (Report). 愛媛県. (2012). http://www.pref.ehime.jp/h40400/ehimenodouro_panfu/documents/03-01_hyakubunritsu2012.xls 2013年5月26日閲覧。. 〔データは2011年のものであるので現状とは異なる場合がある〕
  2. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目[編集]

外部リンク[編集]