愛国救済運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

愛国救済運動(あいこくきゅうさいうんどう、フランス語: Mouvement Patriotique du Salut英語: Patriotic Salvation Movement)は、チャド政党リビアの経済的支援により、イドリス・デビを指導者としてスーダンで結成。1990年9月の武装蜂起でチャドにおける政権を獲得した[1] 。1996年に文民政権となったが、1990年以降引き続き、イドリス・デビが大統領職にあり、政権与党としてあり続けている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Bernard Lanne, "Chad: Regime Change, Increased Insecurity, and Blockage of Further Reforms", Political Reform in Francophone Africa (1997), ed. Clark and Gardinier, pages 274–275