愛はピカピカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
愛はピカピカ
加藤和彦シングル
B面 愛はピカピカ(リミックス・ヴァージョン)
愛はピカピカ(カラオケ・ヴァージョン)
リリース
規格 12センチCD
録音 1999年
ジャンル J-POP
時間
レーベル ソニー・ミュージックエンタテインメント
SRCL 4740
作詞・作曲 三浦徳子、加藤和彦
プロデュース 加藤和彦
加藤和彦 シングル 年表
メロディー
(西田ひかる with 加藤和彦)
(1996年)
愛はピカピカ
(1999年)
-
EANコード
ASIN B00005G7LE
JAN 4988009474090
テンプレートを表示

愛はピカピカ」(あいはピカピカ)は、1999年12月18日に発売された加藤和彦のソロ名義による14枚目のシングル。加藤にとって初のゲーム音楽のシングルで、同時に生前に一般販売された最後のシングルとなった。

解説[編集]

「愛はピカピカ」は1999年11月に発売された、ピングーを主人公とするPlayStationゲームソフト、「fun! fun! Pingu ~ようこそ南極へ~」[1]のエンディング・テーマとして制作され、加藤にとって初めてとなるマキシシングルの形態で発売された。歌詞は三浦徳子が手がけた。三浦は1977年に加藤が高田みづえに提供した「DÔMO DÔMO」で作詞家としてのデビューを飾っており、以後90年代にかけてしばしば加藤とコンビを組んでいる[2][3]。サウンド面ではスカが導入され[4]、カップリング曲には同曲のリミックス・ヴァージョンが収録されている。このヴァージョンではイントロのドラムがカットされ、中間のキーボード・ソロがギター・ソロに、アウトロのサックス・ソロがキーボード・ソロに変更されるなどの差異が見られる。 なお、「愛はピカピカ」は上記ゲームソフトとシングルCDのみの発売で、2018年現在アルバム未収録である。

アートワーク[編集]

ジャケットにはピングーのイラストが使用されている。

収録曲 / パーソネル[編集]

作詞:三浦徳子、作編曲:加藤和彦。

ジャケットにはミュージシャンの記載なし。
  1. 愛はピカピカ - (4:53)
    加藤和彦 - ヴォーカル
  2. 愛はピカピカ (リミックス・ヴァージョン) - (5:01)
    加藤和彦 - ヴォーカル
  3. 愛はピカピカ (カラオケ・ヴァージョン) - (4:53)

クレジット[編集]

オリジナル・シングルCDに基づく。

  • All songs are composed and arranged by Kazuhiko Kato
  • A&R direction – Akira Sudo
  • Creative Director – Keiko Yamanaka
  • Recording and Mixing Engineer – Takeshi Tanaka
  • Recording and Mixing Studio – Kazuhiko Kato Studio Karuizawa
  • Mastering Engineer – Mitsukazu Tanaka
  • Mastering Studio – Sony Music Shinanomachi Studio
  • Promotion and Marketing – Kenichi Naito, Misako Shirasaki
  • Artist Management – Smile Co.,Ltd
  • Package Design – Koji Matsuhashi (SMC), Eiko Hara (bishop)
  • Special thanks to
    • PINGU
    • Sony Creative Products Inc.PINGU-TEAM
    • Kenji Mizuochi, Atsushi Ohtsu (Smile Co.,Ltd)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ソニー・インタラクティブエンタテインメント SLPS 02307 1999年11月18日発売
  2. ^ 「DÔMO DÔMO」はシングル「硝子坂」(1977年)のカップリング曲。なお、加藤との共作曲には、他にも沢田聖子「卒業」(1982年)、熊谷真実「グロリア」(1982年)、酒井美紀「あなたの声が聞こえる」(1994年、亜伊林名義)などがある。ちなみに「硝子坂」の作曲者である宇崎竜童は、加藤が作曲した北原早苗のシングル「少年」(1970年)のカップリング曲「美しき冒険」を手がけている。
  3. ^ 『ミュージック・マガジン2009年12月号』p.62
  4. ^ 『ミュージック・マガジン 2009年12月号』p.46

外部リンク[編集]

SonyMusic