愛の寓意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
『愛の寓意』
イタリア語: Allegoria del trionfo di Venere
英語: Venus, Cupid, Folly and Time
Angelo Bronzino - Venus, Cupid, Folly and Time - National Gallery, London.jpg
作者 アーニョロ・ブロンズィーノ
製作年 1540年 - 1545年
種類 油彩
寸法 146.1 cm × 116.2 cm (57.5 in × 45.7 in)
所蔵 ナショナル・ギャラリーロンドン

愛の寓意[1](あいのぐうい、: Allegoria del trionfo di Venere)は、イタリアの画家アーニョロ・ブロンズィーノにより1540年から1545年頃に描かれた絵画である[2]

愛のアレゴリー[3][4]時と愛の寓意[5]とも。ロンドンにあるナショナル・ギャラリーに収蔵されている[1]。本作は、イタリアのメディチ家からフランス王フランソワ1世に贈られた[6]

作品[編集]

左手に黄金のリンゴ、右手にをもつ女性が画面中央に描かれている。彼女と口づけを交わしている少年は、左手で女性の頭を支え、女性の乳首を右手の指で挟んでいる[7][8]

少年は、背に緑、白、青の3色の小ぶりな翼を生やしており、左足を赤いクッションの上に載せている。背中には矢筒をさげるベルトが見えており、矢筒は左足のそばにある。右足の近くには、白いのつがいがいる。少年の背後の暗がりには、口を大きく開けて頭を両手で掻きむしる老婆が描かれている。その上には、口を開けて青いカーテンをもつ女性の横顔が描かれている。彼女の視線の先では、筋肉を隆々とさせた、禿頭に白髭の老人がカーテンをつかんでいる。この老人は、白と黒の大きな翼を生やしており、右肩には砂時計を載せている[9]

その下では、足首に飾りをつけた裸の男児が、口づけを交わす女性と少年にバラの花を振り撒こうとしている。男児の足もとには、赤みがかった老人の仮面と、白っぽい若者の仮面が置かれている。男児の背後から、緑色のドレスを身につけた少女が顔をのぞかせているが、左手にはミツバチの巣、右手にはサソリが握られており、ドレスの下には爬虫類のうろこのようなものが見え、足は鉤爪をもつライオンのそれのようである[10]

解釈[編集]

画面中央の女性がヴィーナスであることは、男児がバラの花を振り撒こうとしていることからわかる。ヴィーナスと口づけを交わしている少年は、羽と矢筒という目印から、キューピッドであるとわかる[11]。ヴィーナスとキューピッドは愛の擬人像である。鳩も愛を表している[12]

キューピッドの背後で頭を掻きむしっている老婆は、嫉妬の擬人像である。画面右上の筋肉隆々の男性は、老いていることと右肩に砂時計を載せていることから、時の擬人像となる。この時の翁の視線の先にいる横顔の女性は、真実もしくは忘却の擬人像とされる。画面右下の仮面は、カーニバルに使われることから、愛欲のシンボルとされる。男児は、快楽の擬人像である[3][11][13]。ミツバチやサソリをもつ少女は、欺瞞の擬人像である[14]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 中野京子『怖い絵』朝日出版社、2007年。ISBN 978-4-255-00399-3
  • 中村麗『これだけは知っておきたい「名画の常識」』小学館小学館101ビジュアル新書 Art〉、2012年。ISBN 978-4-09-823019-8