愛しのゴースト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
愛しのゴースト
พี่มาก..พระโขนง
監督 バンジョン・ピサンタナクーン
脚本 バンジョン・ピサンタナクーン
製作 Paiboon Damrongchaitham
Boosaba Daoruang
Jina Osothsilp
Visute Poolvoralaks
出演者 マリオ・マウラー
ダビカ・ホーン
ナタポン・チャートポン
ポンサトーン・ジョンウィラート
アタルット・コンラーシー
カンタパット・プームプーンパチャラスック
ショーン・チンダーショート
音楽 チャーチャイ・ポンプラパーパン
撮影 ナルポン・チョンカナピタック
編集 タマラット・スメートスパチョック
製作会社 GMMタイハブ
配給 日本の旗 キネマ旬報DD
公開 タイ王国の旗 2013年3月28日
日本の旗 2014年10月18日
上映時間 115分
製作国 タイ王国
言語 タイ語
興行収入 タイ王国の旗$18,161,322[1]
テンプレートを表示

愛しのゴースト』(いとしのゴースト、原題:PEE MAK)は2013年タイ王国で製作されたラブコメディホラー映画である。

監督はバンジョン・ピサンタナクーン、主演はマリオ・マウラーが務めた。「プラカノーンのメーナーク」というタイの有名な怪談が基となっている。

タイでは『アナと雪の女王』『アバター』の興行収入記録を超え、タイ歴代興行収入1位というメガヒットを記録した。[2]

日本では、複数の映画祭にて公開されたのち、2014年10月18日に全国劇場公開となった。

2014年3月4日には吹き替え版も収録されたDVDBlu-rayソニー・ピクチャーズ エンタテインメントより発売された[3]

あらすじ[編集]

メガネのドゥー、ヒゲ面のエー、パイナップル頭のプアック、超ビビり屋のシンというヘンテコ仲間を連れ、地獄のような戦場から奇跡的に帰還したマーク。妻・ナークとの再会に喜ぶ矢先、村人たちの「ナークは既に死んでいる、彼女はゴーストだ」という不気味な噂を耳にする。ナークを深く愛すマークはもちろんそんな噂を信じようとはしない。しかし仲間内では、「ナークは死んでいて、戦地に赴いた自分たちもすでに死んでいるのではないか」という疑惑と混乱が生まれ始める。周りの混乱をよそに、マークとナークは愛を深めていく。だが次第に、誰がゴーストで、誰が人間なのかわからなくなっていき、ついにマークも疑念を抱き始める…。

キャスト[編集]

日本語版制作スタッフ

映画祭での上映[編集]

  • アジアフォーカス・福岡国際映画祭2013[4]
  • 第5回京都ヒストリカ国際映画祭[5]
  • 第7回したまちコメディ映画祭in台東[6]
  • 第25回にいがた国際映画祭[7]
  • 新大久保映画祭[8]

出典[編集]

外部リンク[編集]