意図振戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

意図振戦(いとしんせん、英:intention tremor)とは小脳損傷時にしばしば認められる失調症状の1つで、企図振戦とも呼ばれる。安静時にはほとんど生じないが、運動時、特に運動終了直前に生じる律動的な運動疾患である。頭部や体軸側の抗重力筋において発生が顕著である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]