惠蘓嶽峰右エ門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

惠蘓嶽 峰右エ門(えそだけ みねえもん、 )は、江戸時代大相撲の第40代大関番付上は「羽州」頭書。

明和8年(1771年)冬場所恵蘇嶋團右エ門(えそじま たんえもん)の名で西大関で大相撲の番付に登場したが、その場所の取組休場した。次の安永元年(1772年)冬場所から惠蘓嶽峰右エ門と改名して、千秋楽のみ取組に出場して敗れた。その次の安永2年(1773年)は2番の取組に出場したが2番とも敗れ、結局1勝もできないまま引退となった。

主な成績[編集]

  • 通算成績:0勝3敗21休

関連項目[編集]