情報処理技術者試験センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

情報処理技術者試験センター(じょうほうしょりぎじゅつしゃしけんセンター)は、情報処理技術者試験の試験事務を行うために独立行政法人情報処理推進機構に設置される組織のことである。 東京都文京区の同機構に本部がある。

歴史[編集]

  • 1984年(昭和59年)4月 情報処理の促進に関する法律に基づく指定試験機関として財団法人日本情報処理開発協会(現一般財団法人日本情報経済社会推進協会)が指定され、同協会は試験事務を実施するために情報処理技術者試験センターを設置した。
  • 2004年(平成16年)1月 情報処理推進機構の設置に伴い、試験事務は指定試験機関ではなく情報処理推進機構に行わせることとされたため、センターはそのまま移管された。
  • 2007年(平成19年)12月 四国支部および沖縄支部廃止。
  • 2009年(平成21年)6月 中国支部廃止。
  • 2010年(平成22年)4月 経済産業省は「経済産業省所管独立行政法人の改革について」[1]の中で、情報処理推進機構についても大幅な機構改革を行うことを明らかにした。情報処理技術者試験業務については、問題作成・合否判定など企画・管理業務を除き、3年間以内に民間に運営を移管する。これに伴い支部は全廃するとされた。
  • 同年12月 北海道支部、東北支部および九州支部廃止。
  • 2011年(平成23年)12月 関東支部、中部支部および近畿支部廃止。これで支部は全て廃止された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1] 経済産業省所管独立行政法人の改革について p.7 (PDF) (経済産業省 注目情報)

外部リンク[編集]