悲しみのジェット・プレーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
悲しみのジェット・プレーン
ピーター・ポール&マリーシングル
初出アルバム『Album 1700
B面 ハウス・ソング
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 1966年 - 1967年
ジャンル フォーク
時間
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード
作詞・作曲 ジョン・デンバー
プロデュース アルバート・グロスマン、ミルト・オクン[2]
ゴールドディスク
ゴールドディスク
チャート最高順位
ピーター・ポール&マリー シングル 年表
Day Is Done
(1969年)
悲しみのジェット・プレーン
(1969年)
The Marvelous Toy
(1969年)
テンプレートを表示

悲しみのジェット・プレーン」(原題: Leaving on a Jet Plane)は、ジョン・デンバーが作詞作曲し、ピーター・ポール&マリー1967年にアルバム収録曲として発表した楽曲。2年後、シングルカットされ全米チャート1位を記録した。

ピーター・ポール&マリーのバージョン[編集]

1966年ジョン・デンバービートルズなどのカバーを含むアルバム『John Denver Sings』を自費で制作し友人や家族に配った。「悲しみのジェット・プレーン」は「Babe, I Hate To Go」というタイトルでその中に収録されていた[3]。彼のレコードを聴いたピーター・ポール&マリーは「Babe, I Hate To Go」に感銘を受け、1967年3月18日発売のアルバム『Album 1700』に収録した。タイトルを変更したのはプロデューサーのミルト・オクンである。『Album 1700』はビルボードのポップ・アルバム・チャートの15位を記録[4]。アルバムはヒットしたとは言えこの時点で本作品が特別話題になることはなかった。

1969年9月18日、ピーター・ポール&マリーは本作品をシングルとして発表した[1]。B面は「ハウス・ソング」。同年12月20日付のビルボード・Hot 100で1位を記録した[5]。ビルボード・イージーリスニング・チャートで3週にわたって1位[6]全英シングルチャートで2位を記録し、ゴールドディスクに輝いた。

ジョン・デンバーのバージョン[編集]

1966年の自主制作アルバムの中で発表され、その時のタイトルが「Babe, I Hate To Go」であったことは先に述べたとおりである。ピーター・ポール&マリーがシングルカットをした1969年10月、彼自身もデビュー・アルバム『Rhymes & Reasons』で本作品を発表した。アルバムのプロデューサーを務めたのはピーター・ポール&マリーと同じミルト・オクン。

1973年11月発売のアルバム『John Denver's Greatest Hits』に収められたバージョンは再録音されたものである。

デンバーは1972年8月19日放送のテレビ番組『The Midnight Special』において本作品をキャス・エリオットと共に歌った。

その他のバージョン[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
スティーム
「ナナ・ヘイ・ヘイ・キス・ヒム・グッバイ」
Billboard Hot 100 ナンバーワン・シングル
1969年12月20日(1週)
次代:
ダイアナ・ロス&ザ・スプリームス
「またいつの日にか」
先代:
グレン・キャンベル
「トライ・ア・リトル・カインドネス」
Easy Listening ナンバーワン・シングル
1969年11月22日 - 12月6日(3週)
次代:
B・J・トーマス
雨にぬれても