悪代官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

悪代官(あくだいかん)とは、領民を圧制で苦しめたり、不正を働いたりした代官代名詞的な表現。実際の歴史の中では、「悪代官」と言われるような代官はさほどいなかった(江戸時代における代官も参照のこと)とされるが、フィクションの世界(時代劇)においては悪党の総元締め的な「ストックキャラクター」として登場する。特に勧善懲悪型の時代劇においては、大きな威圧感と強面ぶりを示しながらも、最後には必ず主人公(またはその仲間)に成敗される存在として欠かせない役どころであり、そのイメージステレオタイプ化され、広く浸透し、親しまれるようになった。

なお、現代においても不正を行ったり強引な手法が目立つ首長官僚役人等を比喩する場合に使われることがある。

歴史的な背景[編集]

多くの現代人が抱くイメージに反し、「悪代官」と言われるような代官は全くいなかったわけでもないが、実際には問題が発生すれば多くの場合はすぐに罷免され、時には切腹も有り得るなど、江戸時代の代官は厳しく管理されていた。また、代官の仕事は非常に多忙で、ほとんどの代官は時代劇で取り上げられているような悪事を企んでいる暇さえもなかったのが実情らしい。

それにもかかわらず、後年になって代官が「悪」のイメージを持つようになった理由はいくつか挙げられる。

時代劇における悪代官[編集]

勧善懲悪型の時代劇においては、主人公(またはその仲間)のヒーロー性を高めるために、存在感があり、かつ視聴者にも分かりやすい悪役が不可欠である。「弱きを助け、強きを挫く」ためには一定の権限や立場が必要であり、また倒幕以降について回るようになった「悪」のイメージも手伝って、代官が悪役として登場することが多くなった。

21世紀初頭には勧善懲悪型の時代劇が少なくなってきたこともあり、また悪とされる側の事情や人間的な側面が描かれるようになってきたため、典型的な悪代官自体登場が減っている。

「○○屋、お主も悪よのう」[編集]

悪代官の代表的なイメージとして、「お主も悪よのう」という台詞がある。

ステレオタイプな場面設定としては、夜、悪代官の屋敷において悪徳商人廻船問屋両替商など)との謀議の際に、悪徳商人から袖の下山吹色の菓子を詰めた菓子箱など)を渡された状況が挙げられる。悪代官でこの台詞を連想する人も少なくないが、実際のテレビドラマではあまり使用されていない(時代劇の悪代官役で知られる川合伸旺によると、田口計と共演したCM撮影時にアドリブとして生まれ、それが採用されて視聴者にインパクトを与え、定着したとのこと)。なお、この台詞には「いえいえ、お代官様ほどでは…」との台詞が続くのが代表的である。

その他の悪代官のイメージ[編集]

主人公(庶民に成りすました身分の高い誰か)が相手にその正体を明かし、潔く責任を取るよう命じた時の反応は作品によって異なるが、大抵は以下のどちらかに分れる。

  • 「お、恐れ入りました……」
  • 「実(まこと)の××様がこのような場所に来られるはずがない。××様の名を騙る狼藉者だ。出合え、出合えっ!」

後者の場合は手下共々主人公たちに成敗される結果となるが、前者でも後日厳罰に処される運命が待っている。

  • また、ごくまれにだが、相手の正体を知った上で「お手向かい致しますぞ」「ここで消してしまえば…」と口封じに走る生粋の悪党もいる(暴れん坊将軍に登場した悪老中など)。

悪代官役で知られる俳優[編集]

関連項目[編集]

  • 日本の公務員
  • 悪代官 (カードゲーム) - プレイヤーは悪代官となって私腹を肥やしたり、他の代官の邪魔をするゲーム。「○○屋、お主も悪よのう」のような典型的な台詞がカードに書いてあり、プレイヤーは台詞を読み上げねばならない。
  • 悪代官 (ゲーム) - ネーミングそのまま、悪代官を主人公として正義の味方を倒すゲーム。
  • 龍が如く 見参! - 悪代官と菓子屋の陰謀を解決するサブイベントが存在する。「山吹色の菓子」、「お主も悪よのう」などの台詞も登場し、ステレオタイプな悪代官をあえてそのままに描き、ネタにしている。