恵那錆石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
蛭川みかげを積み上げた博石館のピラミッド

恵那錆石(えなさびいし、恵那サビ石)とは、岐阜県恵那郡蛭川村(現在の中津川市蛭川)を中心とした地域で採掘される赤茶色を帯びた花崗岩である。恵那錆恵那みかげ蛭川みかげとも言う。 恵那錆石は、黒雲母花崗岩:アルカリ長石パーサイト構造は棒状、黒雲母には放射性色暈が発達、錆は有色鉱物やアルカリ長石の風化によりできたのである。雲母の成分は、K2(Mg,Fe,Al)6-5(Si,Al)8O20(OH)4

錆石[編集]

岩石中に含まれる「鉄気」(の小さな塊)がなどにより酸化し「さび」となって表面に現れた花崗岩である。その色合いから錆石として好まれ、珍重されている。ただし硬度吸水率の点では劣る。

  • 錆石は白花崗岩が風化して変色したものである。
  • 色むらが多く、大材が得にくい。
  • 吸水率が高く、強度が低いものが多い。
  • ジェットバーナー加工で赤く変色する。
  • 石錆の色は、汚れと直接の関係はない。
錆石
吸水率 圧縮強度 曲げ強度
恵那錆石 0.58 % 895 kgf 71 kgf
泉州錆 0.38 % 1,681 kgf 66 kgf
ナミビアイエロー 0.49 % 1,215 kgf 128 kgf
ベトナムイエロー 0.49 % 1,173 kgf 145 kgf

錆石の産地は他にもあり、京都鞍馬石岡山県笠岡市北木島で採掘とれる北木石、その他には、稲田石という錆石もある。

普通の御影石と同じように錆石も各種の表面仕上げが可能であるが、不思議なことにジェットバーナーをかけると黄色から赤茶色に変色する。あえて赤味を意図するのでなければ、磨きやブラスト仕上げで使われるのが普通である。ブラストを行うと全体が白っぽくなるが、反面、色むらを目立たなくする効果がある。

用途[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 鷹村権編著『建築学及び岩石学から見た石材と都市美 : 原色石材図鑑』松永書店出版部、1990年。全国書誌番号:90049363ISBN 978-4876091607OCLC 674685994

関連項目[編集]