恵淑帝姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

恵淑帝姫(けいしゅくていき、1105年4月21日 – 12月6日)は、北宋徽宗の第7皇女。

経歴[編集]

修容嬪王氏(後に懿粛貴妃となった)の長女として生まれた。趙植の同母妹、康淑帝姫、趙嬛嬛(柔福帝姫)、趙金児(賢福帝姫)、趙機の同母姉である。

崇寧4年閏2月28日(1105年4月21日、穀雨)に生まれ、100日で恵慶公主の位を授けられたが、10月21日(同12月6日)に夭折した。

鄧国公主の位を追贈され、奉先資福禅院に葬られた。大観元年(1107年)、祖父神宗の永裕陵に従葬された。政和4年(1114年)12月、恵淑帝姫の位を再追贈された。

伝記資料[編集]

  • 宋史
  • 『故贈鄧国公主追封記』
  • 『皇第七女特封恵慶公主制』