恵宗 (高麗王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
恵宗 王武
高麗
第2代国王
王朝 高麗
在位期間 943年7月5日 - 945年10月23日
姓・諱 王武
諡号 仁徳明孝宣顕高平景憲義恭大王
廟号 恵宗
生年 水徳万歳2年(912年
没年 開運2年9月15日
945年10月23日
太祖
荘和王后
后妃 義和王后
陵墓 順陵
恵宗
各種表記
ハングル 혜종
漢字 恵宗
発音: フェジョン
日本語読み: けいそう
ローマ字 Emperor Hyejong
各種表記(本名)
ハングル 왕무
漢字 王武
発音: ウァンム
日本語読み: おうぶ
ローマ字 Wang Mu
テンプレートを表示

恵宗(けいそう、912年 - 945年10月23日)は第2代高麗王(在位:943年 - 945年)。姓は王、は武、諡号は仁徳明孝宣顕高平景憲義恭大王。字は承乾。

太祖の長男。母は荘和王后呉氏。

生涯[編集]

912年に羅州市で誕生した。父にとっては初めての子であった。 長男であるにも関わらず、母が三国時代中国からの帰化人であり、高位家門の娘ではなかったため、即位までに困難が多かった。その後、921年に皇太子となった。太祖の崩御後、程なくして王に即位した。 しかし、実権は重臣で義父でもある王規(ワン・ギュ)に握られており、自身の権力は弱かった。また、異母弟の王尭王昭等が王権を脅かす存在でもあった。即位後わずか2年で病死した。その死が突然だったことから、暗殺だったのではないかという説がある。陵墓は、開城特級市にある順陵である。


家族[編集]

  • 父:太祖
  • 母:荘和王后 呉氏
  • 弟:第4代国王 光宗(娘婿でもある。)
  • 王妃:義和王后 林氏(大匡 林曦の娘。生没年不詳。本貫は鎭川 林氏。)
    • 長男:興化君(?-960年。後に光宗に処刑された。)
    • 長女:慶和宮夫人(第4代国王光宗の妃。?~960年。)
    • 次女:貞憲公主(生没年不詳。婚姻の有無も不詳。)
  • 後宮:後広州院夫人 王氏(王規の娘。太祖の第15妃広州院夫人、第16妃小広州院夫人と姉妹。生没年不詳。)
  • 後宮:清州院夫人 金氏(元甫 金兢律の娘。第3代国王定宗の妃淸州南院夫人 金氏と姉妹。生没年不詳。本貫は清州金氏。)
  • 後宮:宮人哀伊主(大干 連乂の娘。生没年不詳。)
    • 次男:太子 王済
    • 三女:明恵夫人