恵伯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

恵伯(けいはく)は、西周の諸侯であるの第9代の君主(在位前796年 - 前760年)。姓は姫、名は雉。戴伯の子として生まれた。戴伯の後をうけて曹国の君主となった。在位34年。

史記』管蔡世家は恵伯の名を兕とするが、十二諸侯年表は名を雉とする。『史記集解』の引く孫検によると、恵伯の名は雉、あるいは兕という。曹君石甫穆公の父[1]

脚注[編集]

  1. ^ 史記』管蔡世家第五 「戴伯元年周宣王已立三歲。三十年,戴伯卒,子惠伯兕立。惠伯二十五年,周幽王為犬戎所殺,因東徙,益卑,諸侯畔之。始列為諸侯。三十六,惠伯卒,子石甫立,其弟武殺之代立,是為繆公。」 s:zh:史記/卷035