恐竜・怪鳥の伝説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
恐竜・怪鳥の伝説
監督 倉田準二
脚本 伊上勝
松本功
大津一郎
製作 橋本慶一
出演者 渡瀬恒彦
林彰太郎
沢野火子
牧冬吉
音楽 八木正生
主題歌 宮永英一
撮影 塩見作治
配給 東映
公開 日本の旗 1977年4月29日
上映時間 92分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

恐竜・怪鳥の伝説』(きょうりゅう・かいちょうのでんせつ)は、1977年4月29日に公開された東映京都撮影所製作の特撮映画。併映は、実写映画版『ドカベン』と『池沢さとしと世界のスーパーカー』。

概要[編集]

富士山麓西湖に現れた恐竜(プレシオサウルス)と怪鳥(ランフォリンクス)の死闘を軸にしたパニック映画。当時、人食い鮫による大混乱と恐怖を描いた映画『ジョーズ』の大ヒットにより、猛獣が人を襲う「動物パニック映画」が量産されていた[1]。本作はこの流れに乗る形で製作されたため、従来のいわゆる「怪獣映画」とは趣を異にする“スリラー仕立て”となっている。「水中から引き上げた人体の下半身が無い」などのショックシーンには『ジョーズ』の影響を見て取れる[2]

1975年12月に日本国内でも公開され大ヒットを記録した『ジョーズ』や、ネス湖におけるネッシーの発見報告など、当時の動物パニック映画や未確認動物ブームなどを背景に企画がスタート。日本だけではなく世界市場も視野に入れた企画内容で、日本の象徴である富士山を舞台に、ネス湖を富士五湖恐竜を竜神伝説に置き換えることで東洋の神秘をアピールし、公開1年前の1976年春には『大怪鳥対大竜神』の題名を発表。撮影前に海外からも多数の引き合いがあり、20ヶ国の輸出先や30万ドルの契約が成立。そのため、当時の邦画では異例の長期撮影期間(通常は3ヶ月以内だが、本作の撮影日数は1976年10月12日のクランクインから、翌年の1977年3月21日のクランクアップまで6ヶ月間を要している。)と7億5千万円の製作費を投じており、『新幹線大爆破』や『宇宙からのメッセージ』とともに、海外輸出で外貨を稼ぐ作品になった。特撮用の経費は1億5千万円で、製作前にはアメリカ合衆国シネマ・プロダクツ社から、最新の合成機材であるFPC-101(フロントプロジェクション)を4千500万円で購入。プレシオサウルスやランフォリンクスなどの造形物にも2千万円を要しており、東映京都撮影所では最大の広さのスタジオ内に24メートル四方のプールを建設。プール内における水中撮影の多用や、ビデオカメラを使った撮影確認作業の初導入などで、長期の撮影期間を要した[3]

製作にあたっては、東映京都撮影所でプロデューサーの補佐を手掛けていた大津一瑯も企画に参加。東京で怪獣物を多く手掛けていた伊上勝脚本を依頼して、プロデューサーの橋本慶一も交えながら打ち合わせを行うが、シノプシスが上がってこないまま、1976年夏に予定した撮影開始への期日も切迫。当時の製作部長だった翁長孝雄が急遽、大津に本作のストーリー執筆を命じた。その時点では、岡田茂社長の「恐竜と始祖鳥が闘う」という案しか決まっておらず、大津は一晩一睡もせずに企画製作意図やストーリーを執筆。それらは即座に企画書へと印刷され、「全世界配給という企画のもと、神秘の国日本に抱く外国人の夢と憧れを満足させる作品」という製作意図に基づきながら、竜神伝説や神話など竜にまつわる日本各地の語り伝えも下敷きにした、新たな企画をスタート。大津と松本功が、本作の脚本へと参加することになった。その後、海外市場を意識した岡田の意見で、映画の舞台を薩南諸島鬼界ヶ島から富士五湖や、恐竜と始祖鳥をプレシオサウルスとランフォリンクスに変更。当時の大ヒット作だった『ジョーズ』や『悪魔の追跡』『恐竜の島』などの映画、更には当時の話題だったネス湖のネッシー[4]魔のバミューダ海域なども意識しながら、大津と松本が共同で構成を作り、撮影開始への期日も切迫する中、脚本の前半は松本、後半は大津という形で分担しながら突貫工事で脚本を執筆する。撮影用の台本は1976年9月3日に完成したが、1976年夏の予定だったクランクインも10月12日へと遅延することで、本作の撮影は真夏のシーンを真冬に強行するという厳しい環境に変化。橋本慶一プロデューサーの手伝いという立場で脚本も執筆した大津は、撮影現場の出演者やスタッフから冷たい目で見られることになった[5]

1976年夏に開始予定だった撮影の遅れや長期化で、翌年のゴールデンウィーク公開が決まった本作は、1977年2月16日にクランクインした鈴木則文監督の『ドカベン』[6]や『池沢さとしと世界のスーパーカー』との3本立ても決定するが、当時は小林旭主演の日活映画など旧作のリバイバルが人気を呼んでおり、東映では1977年5月14日から赤木圭一郎主演の日活映画『霧笛が俺を呼んでいる』と『拳銃無頼帖 抜き射ちの竜』のリバイバル公開を、本作の公開前に決定。本作も含めた3本立ては公開前の時点で、最初から2週間限定の興行だった[7]

これまで天才的な閃きで幾多のヒット作を生み出し、東映の危機を救ってきた同社社長・岡田茂(当時)の、アイデアが枯渇したその一本が本作である[8]。「洋画のあれ、面白かったから焼き直せ」それがこの当時の岡田の口癖だった[8]。『スター・ウォーズ』が1978年夏の日本公開までには一年のブランクがあることを知り『宇宙からのメッセージ』を製作[8]。『エクソシスト』や『オーメン』といったオカルト映画がブームになれば「ええ企画思いついた。『地獄』やれ」。『ジョーズ』の大ヒットで動物パニック映画が流行れば「『恐竜・怪鳥の伝説』なんて題名。おもろいやろ。やれ」と思い立ち、本作の製作に至った[8]。『地獄』『恐竜・怪鳥の伝説』両作品の製作責任者だった翁長孝雄は「ヒモで恐竜を引っ張っているのが見え見えで、恥ずかしかったですよ。どちらも、おそろしいほどコケました。『なんやこの企画』と思っても、社長企画だから断れないんですよ。かなり勇気がないと」と述べている[8]。海外配給を大々的に宣伝したが、成績は不明である[9]

2011年8月から2014年7月まで、「東映特撮YouTubeOfficial」にて本作の配信が行われた。

あらすじ[編集]

1977年夏、樹海での自殺未遂から生還した女性が、巨大な卵を目撃した旨を述べて息絶える。そのニュースを聞いた芦沢節は、富士山麓に向かう。

現地には、恋人の女性カメラマン・小佐野亜希子と、その助手の園田淳子がいた。馬の首なし死体が発見されるなど、富士五湖の近くでは怪現象が相次ぎ、ついに水中撮影中の亜希子を待っていた淳子が、何者かに下半身を食いちぎられるという事件が発生する。

恐竜の目撃も相次ぎ、証拠写真も撮られたため、西湖周辺は恐竜探索で騒然となる。さらには、恐竜を退治しようと爆雷攻撃が敢行されるが、プレシオサウルスは陸に上がっていたため、攻撃は空振りに終わる。

節と亜希子は湖に潜り、湖をつなぐ地底トンネルと、大量の卵のある洞穴を発見する。そのころ、復活したランフォリンクスが西湖に飛来し、恐竜騒ぎに集まっていた人々を襲う。群衆はパニック状態となり、銃を乱射して爆雷を誤射した結果、全滅してしまう。

節と亜希子は恐竜の巣を脱出するが、彼らの前にプレシオサウルスが立ちはだかり、ランフォリンクスが飛来する。さらには、2匹の恐竜が死闘を繰り広げる中、富士山が噴火する。必死に助け合い生き残った2人の眼前で、恐竜たちは地割れに飲み込まれていくのだった。

登場キャラクター[編集]

恐竜プレシオサウルス[編集]

  • 全長24m、体重23t
  • 予告篇ではプレシオザウルスとなっている。
  • 造形物は4分の1の縮尺を想定しながら、操演用の人形や着ぐるみなどを含めて4種類を制作。他にも実物大の頭部やヒレを制作するなど、大橋史典が主宰する大橋工芸社では、5人で4ヶ月を要する造形物だった[10]
  • 本物同様ヒレ足だがポスターのイラストでは水かきのついた前足になっている。
  • 前世期(中生代)の首長竜が現在まで生き残っていたもの。自然環境の変化でこの地域だけ太古が再現され眠りから覚める。もう一匹の怪鳥ランフォリンクスも蘇り、宿命の対決をやりながら富士火山帯の爆発と共に地割れの中に吸い込まれてしまう。
  • 性格は人々を襲うなど非常に凶暴である。

怪鳥ランフォリンクス[編集]

  • 全長13m、体重2t
  • 予告篇ではランホリンクスとなっている。
  • 造形物は4分の1の縮尺を想定しながら、操演用の人形を製作。他にも、実物大の頭部や足など複数を造形している[11]
  • 劇中では一体しかでないがポスターのイラストでは三匹描かれている。
  • 富士樹海付近の自然環境の変化で、化石化していた卵が孵化して蘇った前世期(中生代)の翼竜。同様に現れたプレシオサウルスと壮絶な対決をするが、富士火山帯の大爆発により、地割れの中に吸い込まれてしまう。
  • 性格は凶暴で人々・家畜を上空から襲う。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

その他[編集]

  • 本作における造形担当は『怪獣王子』などで知られる大橋史典であり、操演用ミニチュアや着ぐるみ以外に、実物大のプレシオサウルス頭部や馬の死骸などの造形物も、劇中に提供していた。大橋が映像作品の造形を担当したのは『怪獣王子』以来であり、本作品が最後となった[12]
  • 本作に登場する首長竜翼竜は、実際はそれぞれ恐竜・鳥類ではない(もっとも怪鳥という言葉は単なる形容でしかない)。また両者とも劇中では実在のものより遥かに大きく、容姿や行動も(怪獣風に)アレンジされている。[独自研究?]
  • 巨獣特捜ジャスピオン』の巨獣軍団のシーンにプレシオサウルスとランフォリンクスの映像が使用されている。[要出典]
  • 本作の公開時に、『月刊少年チャンピオン』(秋田書店)昭和52年5月号に、居村眞二によって読み切り漫画として掲載されていた。

映像ソフト[編集]

2005年4月21日に東映ビデオよりDVDが発売された[13]

脚注[編集]

  1. ^ 大タコが海水浴場で暴れる『テンタクルズ』、大熊が森林公園で暴れる『グリズリー』など。
  2. ^ 石井博士ほか 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年、246頁。ISBN 4766927060
  3. ^ 東映ビデオDVDソフト『恐竜・怪鳥の伝説』(DSTD002415)解説書より
  4. ^ 同時期の東宝も、イギリスハマー・フィルム・プロダクションとの合作映画『ネッシー』を製作予定だった。
  5. ^ 東映ビデオDVDソフト『恐竜・怪鳥の伝説』(DSTD002415)解説書・大津一瑯インタビューより
  6. ^ 日刊スポーツ 1977年2月7日13面
  7. ^ 日刊スポーツ 1977年4月16日13面
  8. ^ a b c d e 春日太一 『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』 文藝春秋2013年、371-373頁。ISBN 4-1637-68-10-6
  9. ^ 『ぴあシネマクラブ 邦画編 1998-1999』 ぴあ1998年、229頁。ISBN 4-89215-904-2
  10. ^ 東映ビデオDVDソフト『恐竜・怪鳥の伝説』(DSTD002415)解説書より
  11. ^ 東映ビデオDVDソフト『恐竜・怪鳥の伝説』(DSTD002415)解説書より
  12. ^ 友井健人 「特撮界の怪人 大橋史典」『別冊映画秘宝電人ザボーガー』&ピー・プロ特撮大図鑑』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2011年11月14日、pp.86-87。ISBN 978-4-86248-805-3
  13. ^ 「Visual Radar」、『宇宙船』Vol.118(2005年5月号)、朝日ソノラマ2005年5月1日、 105頁、 雑誌コード:01843-05。

外部リンク[編集]